ブログの目的

 ブログの目的は、Twitterでの自分のツイートの記録です。
記録といっても、自分のツイートを素材にして再構成した記事を作成します。
また、ツイートの全部をブログに記録するつもりはありません(取捨選別します)。
 このブログの他に不定期更新ですが、○戯論遊戯○というブログをやってます。
興味と暇のある方はご覧ください。

Twitter→ここをクリック
○戯論遊戯○→ここをクリック
line

【文春ジブリ文庫】ジブリの教科書 語り下ろし&書き下ろし記事一覧

文春ジブリ文庫|文藝春秋

文春ジブリ文庫『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体638円+税
発売日:2013年4月10日
ページ数:320ページ


目次『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-026 ナビゲーター・立花隆 前人未踏の巨大世界、ナウシカ

Part1 映画『風の谷のナウシカ』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
044-061 鈴木敏夫 “賭け”で負けてナウシカは生まれた

●viewpoint●
110-134 内田樹 二つの『ナウシカ』──物語に選ばれた人

Part3 作品の背景を読み解く
195-202 満島ひかり 遅く起きた頭のがんがんする朝に
203-210 椎名誠 夢と生きる力を与えてもらったナウシカ
211-225 長沼毅 腐海の生物学
226-229 川上弘美 ナウシカの偶然
230-241 佐藤優 『風の谷のナウシカ』と国家

古典から読み解くナウシカ
248-253 [解説]大塚ひかり 「虫めづる姫君」の心
258-261 [解説]丹下和彦 流れ者の中年男への恋

262-271 山崎まどか 少女としてのナウシカ・ヒロインとしてのナウシカ
272-275 伊藤理佐 なんか、特別

292-311 大塚英志 『風の谷のナウシカ』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書2 天空の城ラピュタ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体657円+税
発売日:2013年5月10日
ページ数:304ページ


目次『ジブリの教科書2 天空の城ラピュタ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-029 ナビゲーター・森絵都 パズーとシータの内なる軌跡

Part1 映画『天空の城ラピュタ』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
048-061 鈴木敏夫 借金を背負って発足した「スタジオジブリ」

●viewpoint●
105-115 金原瑞人 古くからの児童文学と『ラピュタ』の輪郭

Part3 作品の背景を読み解く
195-202 石田衣良 もっとも幸福なアニメーション
203-212 荒俣宏 空から降ってきた少女の神話──ラピュタのシンボリックな背景
213-219 湯本香樹実 生き続けるために生まれなおす

tea time
220-227 山本史郎 ボクの『ラピュタ』は英国流
228-231 加藤碵一 鉱物に願いを──青い飛行石

232-237 上橋菜穂子 彼方へ馳せる
238-245 ヤノベケンジ ラピュタと大阪万博──「未来の廃墟」への冒険と帰還の物語
246-252 夢枕獏 ラピュタあれこれの語

275-294 大塚英志 『天空の城ラピュタ』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書3 となりのトトロ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体690円+税
発売日:2013年6月7日
ページ数:336ページ


目次『ジブリの教科書3 となりのトトロ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-022 ナビレーター・あさのあつこ トトロのとなりで。──少女の解放の物語

Part1 映画『となりのトトロ』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
039-056 鈴木敏夫 二本立て制作から生まれた奇跡

●viewpoint●
057-068 半藤一利 大きな忘れ物

Part3 『となりのトトロ』の制作現場
156-162 [原画]二木真希子「やってる時はいつも、もういやだって思うんですよ」
163-168 [仕上]保田道世「優しくて透明感のある色が欲しいとオリジナルの色の絵の具を作りました」

Part4 作品の背景を読み解く
225-229 中川李枝子 鈴木さん・宮崎さん そして トトロと 私
232-242 川上弘美 涅槃西風
243-255 鎌田東二 鎮守の森から見たトトロ論

from overseas
256-267 ピート・ドクター トトロから学んだこと

268-275 小澤俊夫 昔話の語法から見た『となりのトトロ』
276-283 藤森照信 人間の住まいに、お化けはどう住んだか
284-291 長島有里枝 トトロの中の家族の記憶
292-296 蓬田やすひろ 鏑木清方と『トトロ』の絵づくり
297-304 平松洋子 追憶のかなたで輝く味

309-327 大塚英志 『となりのトトロ』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書4 火垂るの墓
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体580円+税
発売日:2013年10月10日
ページ数:256ページ


目次『ジブリの教科書4 火垂るの墓』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-020 ナビゲーター・山田洋二 弱くてもいい、優しい国へ──『火垂るの墓』私論

Part1 映画『火垂るの墓』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
037-054 鈴木敏夫 宮さんが持ってきた「『火垂るの墓』クーデター計画」

●viewpoint●
082-093 與那覇潤 謎を謎のまま忘れないでいるために──戦後映画史のなかの『火垂るの墓』

Part2 『火垂るの墓』の制作現場
116-120 [色彩設計]保田道世「焼け野原の世界に合うような絵の具と茶カーボンを作った」

Part3 作品の背景を読み解く
159-166 齋藤孝 語りの「心中物」としての『火垂るの墓』
167-173 城戸久枝 「母と子と。変容する物語」

from overseas
182-191 イラン・グェン フランスにおける高畑作品の受容と『火垂るの墓』の特性について

192-198 野中柊 色は失われても、光は残った
211-227 [特別対談]妹尾河童×吉行和子 神戸・『火垂るの墓』・『少年H』

228-246 大塚英志 『火垂るの墓』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書5 魔女の宅急便
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体660円+税
発売日:2013年12月4日
ページ数:320ページ


目次『ジブリの教科書5 魔女の宅急便』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-034 ナビゲーター・内田樹 空を飛ぶ少女について

Part1 映画『魔女の宅急便』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
053-071 鈴木敏夫 頭を殴られた一言とプロデューサー洗礼の日々

●viewpoint●
105-118 上野千鶴子 なぜキキは十三歳なのか?

Part3 作品の背景を読み解く
206-217 柳澤健 ユーミンはもう、キキではなかった
218-224 青山七恵 キキが教えてくれたこと
225-235 正木晃 魔女の東西
236-242 天沼春樹 飛行船と魔女がとぶ空
243-250 細馬宏通 キキは飛び、町は剥がれる
251-257 朝比奈あすか かつて十三歳だった全ての大人に
258-264 中野京子 ウルスラの絵の謎を解く

287-308 大塚英志 『魔女の宅急便』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書6 おもひでぽろぽろ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体680円+税
発売日:2014年3月7日
ページ数:320ページ


目次『ジブリの教科書6 おもひでぽろぽろ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-016 ナビゲーター・岩井俊二 ノスタルジーの正体

Part1 映画『おもひでぽろぽろ』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
037-050 鈴木敏夫 高畑勲と宮崎駿。二人の巨匠の「分かれ道」

●viewpoint●
071-078 香山リカ 「あいまいな娘」と複雑な父親の存在

Part3 作品の背景を読み解く

219-227 村山由佳 人の手業が超えるもの
228-237 朝倉あき 冷静な視線と、冷静さを保てなくなる瞬間

from overseas
238-249 イグナシオ・フェレーラス 『おもひでぽろぽろ』について私が思うこと

250-258 伊藤悟 「ひょうたん島」が寄りそってくれた時代
259-264 川崎賢子 『おもひでぽろぽろ』の記憶と想像力──文化映画の系譜に連なることと踏み越えること

289-311 大塚英志 『おもひでぽろぽろ』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書7 紅の豚
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体760円+税
発売日:2014年9月2日
ページ数:256ページ


目次『ジブリの教科書7 紅の豚』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-021 ナビゲーター・万城目学 豚(ポルコ)がのこしてくれた魔法

Part1 映画『紅の豚』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
037-055 鈴木敏夫 「女性が作る飛行機の映画」宮崎駿の驚くべき決断

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
171-178 佐藤多佳子 アドリア海の光と影

from overseas
179-188 イタロ・カプローニ 祖父ジャンニ・カプローニが生きた『紅の豚』の時代

193-203 稲垣直樹 サン=テグジュペリから読み解く『紅の豚』
204-216 青沼陽一郎 『紅の豚』とその時代──「変身譚」の系譜
217-224 佐藤和歌子 トリプル・ラブは名画の香り?!

225-248 大塚英志 『紅の豚』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書8 総天然色漫画映画平成狸合戦ぽんぽこ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体990円+税
発売日:2015年1月5日
ページ数:240ページ


目次『ジブリの教科書8 総天然色漫画映画平成狸合戦ぽんぽこ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-018 ナビゲーター・小松和彦 多摩丘陵の狸たちは敗れたが……

Part1 映画『平成狸合戦ぽんぽこ』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
037-057 鈴木敏夫 「俺が豚をやったんだから、高畑さんには狸をやってもらおう」すべては宮崎駿の一言から始まった。

Part2 『平成狸合戦ぽんぽこ』の制作現場
085-095 [イメージ・ビルディング・画面構成]百瀬義行「絵を描いている僕らもタヌキのようなものだった」
106-127 [美術監督]男鹿和雄「思う存分多摩丘陵を描けて本当に楽しい作品でした」

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
155-162 似鳥鶏 野生のフマジメ

163-171 桑原紀子 多摩丘陵のタヌキを追いかけて
178-190 香川雅信 狸と妖怪
191-198 藤森照信 団地・狸・五十五年体制

from overseas
199-210 秦剛 遠いアジアのこの街で──高畑勲『平成狸合戦ぽんぽこ』の射程

211-232 大塚英志 『平成狸合戦ぽんぽこ』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書9 耳をすませば
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体880円+税
発売日:2015年4月10日
ページ数:240ページ


目次『ジブリの教科書9 耳をすませば』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-020 ナビゲーター・朝吹真理子 窓は開かれている

Part1 映画『耳をすませば』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
040-057 鈴木敏夫 「四十五歳の新人監督」近藤喜文が泣いた夜

Part2 『耳をすませば』の制作現場
098-105 [作画監督]高坂希太郎 タイプの違う監督のもとで
106-113 [美術監督]黒田聡 安堵と後悔。忘れられない作品
121-128 [撮影監督]奥井敦 新たな撮影台の活用とデジタルへの挑戦

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
167-175 川本三郎 多摩で育った新しい子供たち

from overseas
176-189 マテウシュ・ウルバノヴィチ ぼくが『耳をすませば』に魅かれる理由

193-200 藤本由香里 世界と時間をつなぐ音
204-210 成井豊 出演者の一人として、いくつか思い出を

211-231 大塚英志 『耳をすませば』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書10 もののけ姫
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体920円+税
発売日:2015年7月10日
ページ数:288ページ


目次『ジブリの教科書10 もののけ姫』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-022 ナビゲーター・福岡伸一 『もののけ姫』の生態史観

Part1 映画『もののけ姫』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
056-077 鈴木敏夫 知恵と度胸の大博打!未曾有の「もののけ」大作戦

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
191-204 宇野常寛 「生きろ。」と言われてウザいと感じた人のための『もののけ姫』の読み方

205-212 荻原規子 二人の女の板ばさみ
228-234 永田紅 生命力の輪郭からあふれ出たもの
235-248 小口雅史 北方の民=エミシ・エゾの世界の実像と『もののけ姫』

256-278 大塚英志 『もののけ姫』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書11 ホーホケキョ となりの山田くん
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体920円+税
発売日:2015年11月10日
ページ数:224ページ


目次『ジブリの教科書11 ホーホケキョ となりの山田くん』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-021 ナビゲーター・太田光 暴力と日本人

Part1 映画『となりの山田くん』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
041-065 鈴木敏夫 四コマ漫画がから生まれた五時間超のシナリオ

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
147-157 奈良美智 家族の余白

from overseas
162-176 徐園 新聞漫画的表現を活かした『ホーホケキョ となりの山田くん』

177-188 阿部真大 『ホーホケキョ となりの山田くん』と戦後民主主義
189-196 土屋賢二 岡山県の人

197-215 大塚英志 『ホーホケキョ となりの山田くん』解題



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書12 千と千尋の神隠し
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体870円+税
発売日:2016年3月10日
ページ数:256ページ


目次『ジブリの教科書12 千と千尋の神隠し』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-024 ナビゲーター・森見登美彦 完璧なトンネル、イメージの国

Part1 映画『千と千尋の神隠し』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
054-076 鈴木敏夫 この映画をヒットさせていいのか確信が持てなかった

Part2 『千と千尋の神隠し』の制作現場
186-194 [海外プロモート担当]武田美樹子 『千尋』で築いた海外公開のノウハウ、そして信念

Part3 作品の背景を読み解く

●viewpoint●
197-205 斎藤環 カオナシの心には誰がいるのか?

210-217 阿部智里 千尋だった私たち
226-233 栗原康 散って狂って、捨て身で生きろ──千と千尋の労働脱出
240-248 佐伯順子 働け! 少女たち──千尋が得たもの、伝えるもの



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書13 ハウルの動く城
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体880円+税
発売日:2016年8月4日
ページ数:216ページ


目次『ジブリの教科書13 ハウルの動く城』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-015 ナビゲーター・綿矢りさ 本物の美しさとは何か

Part1 映画『ハウルの動く城』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
037-057 鈴木敏夫 宮崎作品の中でもっとも苦労した『ハウル』

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
143-151 美輪明宏 少年の純粋はたまゆらのごとく

172-181 本田晃子 建築が飛び立つとき
182-190 西村醇子 音から読み解く「ハウル」の世界
191-198 雨宮まみ プレイボーイには心臓がない



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書14 ゲド戦記
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体1200円+税
発売日:2017年4月7日
ページ数:232ページ


目次『ジブリの教科書14 ゲド戦記』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-018 ナビゲーター・阿川佐和子 観るたびに、違った色彩を放つ

Part1 映画『ゲド戦記』誕生
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
034-057 鈴木敏夫 見事にスタッフの心を摑んだ宮崎吾朗のリーダーシップ

Part3 作品の背景を読み解く
175-185 栗原裕一郎 宮崎吾朗が『ゲド戦記』で本当に殺そうとしたもの
186-194 香山リカ 「父親殺し」の先にあるもの
195-205 小池龍之介 それでは、「不老不死」の魔法をお教えしましょう。

206-224 宮崎吾朗 一生、監督。十年経った今、語る『ゲド戦記』



文春ジブリ文庫『ジブリの教科書16 借りぐらしのアリエッティ
スタジオジブリ+文春文庫編
定価:本体650円+税
発売日:2014年6月10日
ページ数:240ページ


目次『ジブリの教科書16 借りぐらしのアリエッティ』
 語り下ろし&書き下ろし記事のみ抜粋

008-021 ナビゲーター・梨木香歩 「ほろびゆくもの」の行方──アリエッティの髪留め

Part1 映画『借りぐらしのアリエッティ』誕生
025-035 スタジオジブリ物語『借りぐらしのアリエッティ』編
汗まみれジブリ史 今だから語れる制作秘話!
036-053 鈴木敏夫 宮崎駿の「経営計画」と麻呂こと米林宏昌の「現実主義」

Part3 作品の背景を読み解く
●viewpoint●
171-179 小林紀晴 目の前の続き、未来の危うさ

192-201 井村君江 原作で読み解く『アリエッティ』の世界
202-207 小林信彦 愛すべき佳作──『借りぐらしのアリエッティ』

208-229 大塚英志 『借りぐらしのアリエッティ』解題


line

宮崎駿監督「長編最新作」に触れた鈴木敏夫著『ジブリの文学』の「あとがき」を読む。


【岩波書店】
『ジブリの文学』
2017年3月28日発売


宮崎駿監督「長編最新作」に触れた
鈴木敏夫著『ジブリの文学』の「あとがき」を読みました。

アイルランド人が書いた児童文学に刺激を受けた、
宮崎駿監督による日本が舞台のオリジナル長編映画企画が進行中のようです。

ジブリ美術館短編映画『毛虫のボロ』にも参加していた
スタジオカラー所属のアニメーターである本田雄が
その宮崎駿の新作長編の作画監督を務めることになるそうです。

未公開シーンが追加された
BS1スペシャル版「終わらない人 宮崎駿」で、
何度も熱読するぐらいの本との出会いが宮崎駿にあって、
「こういう世界のつかまえ方、描き方があるんだ」という発見もあり、
“お前、それでリタイアしていいの?”と
本から突かれたような気持ちになったと、宮崎駿が語っていましたから、
宮崎駿の新作長編企画に影響を与えたアイルランド人が書いた
児童文学というのはこの本のことなのかもしれません。

ただその本のタイトルはまだ明かされていませんし、
私もまだ確信はないのですが、昨年ジブリ美術館に行ったとき
図書閲覧室 「トライホークス」で宮崎駿推薦と紹介されていた
ジョン・コナリー著『失われたものたちの本』
その本である可能性が高いと思っています(作者はアイルランド出身)。


『失われたものたちの本』
ジョン・コナリー(著), 田内志文(訳)


【内容紹介】
第二次世界大戦下のイギリス。
本を愛する12歳のデイヴィッドは、母親を病気で亡くしてしまう。
孤独に苛まれた彼はいつしか本の囁きを聞いたり、
不思議な王国の幻を見たりしはじめる。
ある日、死んだはずの母の声に導かれて、
おとぎ話の登場人物や神話の怪物たちが蠢く、
美しくも残酷な物語の世界の王国に迷い込んでしまう。
元の世界に戻るため『失われたものたちの本』を探す旅に出るが……。
少年の謎に満ちた旅路と、困難を乗り越えて成長する姿を描く異世界冒険譚。

上記の内容紹介にあるような
主人公が少年のダークファンタジー物は、
「そこには入ったことがないってところに行く」
「触れてこなかったところに触れる」という宮崎駿の言葉とも合致しますし、
仮に『失われたものたちの本』の影響を多大に受けているとしたら、
宮崎駿監督の長編引退作品(仮)である『風立ちぬ』でも描かれた
「少年の悲劇性」と「大切な女性の死」をさらに深く、
宮崎駿は新作長編で掘り下げていくのではないかと思います。

NHKの番組「終わらない人 宮崎駿」で公開された
宮崎駿の「長編企画 覚書」に書かれた制作スケジュールによると、
作画INは2017年のおそらく夏で、完成予定は2019年です。
最近の鈴木敏夫の発言で「3年かかる」とも言っていますし、
そうなると2020年です。まだまだこれからで頓挫する可能性だってありえます。

『毛虫のボロ』とは違って、新作長編は「全編手描きでやる」そうですから、
クラフターのCGスタッフは「ボロ」で御役御免になって参加しないのかもしれませんが、
背景美術の武重洋二・吉田昇、映像演出の奥井敦、制作デスクの三吉弓子といった
これまでのスタジオジブリ作品にも参加してきたメインスタッフの方たちは
「ボロ」から引き続きそのまま「長編」にも参加するのではないかと想像します。
『風立ちぬ』長編映画のときのメインスタッフは、その前に宮崎駿監督が作った
ジブリ美術館短編映画『パン種とタマゴ姫』に参加したメインスタッフとほぼ同じでした。

「他のスタッフは?」「本田雄がいなくて『シン・エヴァ』作れるの?」
といった、とても気になる大きな疑問もありますが、それは置いておいて、
今は事の趨勢を気長にそして静かに見守っていきたいと思います。
なにしろ実現したとしても、観れるのは早くて2019年です。まだまだ先です。

ということで今年、2017年は、
ジブリ最新作「レッドタートル」をまだ観ていない人は早く観ましょう。
②宮崎駿監督による『風立ちぬ』以来となる新作アニメーション
短編映画『毛虫のボロ』がジブリ美術館(東京・三鷹)でついに公開されます。
③ジブリ作品参加経験者が全体の8割であるスタッフで作っている、7月8日公開の
米林宏昌監督作品『メアリと魔女の花』も忘れずに楽しみにして待ちましょう。では。

スタジオジブリ海外合作アニメーションはこうして生まれた。
「高畑勲×マイケル監督」初対談&「レッドタートル」資料室

【ササユリカフェ】「思い出のマーニー」TV初放映記念!米林宏昌監督からのプレゼント
【スタジオジブリ】新作ショートアニメーション2016【近藤勝也】
NHKプレマップ「終わらない人 宮崎駿」
【スタジオジブリの教養】鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊+α
【宮崎駿長編映画引退作の原作漫画単行本】 『風立ちぬ 宮崎駿の妄想カムバック』
宮崎駿の戦国時代マンガ『鉄炮侍 蛭子八郎太』
連載企画の中止&無期限延期のお知らせ

宮崎駿「やらない自由」のススメ 戦国マンガ×シン・エヴァ
「宮崎駿、スタジオカラーを訪問」&「題字:ハヤオ 日本アニメ(ーター)見本市」
ジブリファンはナウシカ2の夢を見るか?
庵野秀明、新劇場版『風の谷のナウシカ』実現への道

【宮崎駿のファンタジー回帰】三鷹の森ジブリ美術館企画展示
「クルミわり人形とネズミの王さま展~メルヘンのたからもの~」

まだ風は吹いているか 長篇引退作品 宮崎駿監督『風立ちぬ』
宮崎駿の原点&バトンの継承 三鷹の森ジブリ美術館
企画展示「挿絵が僕らにくれたもの」展-通俗文化の源流-

児童文学のススメ 「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」

line

スタジオジブリ海外合作アニメーションはこうして生まれた。「高畑勲×マイケル監督」初対談&「レッドタートル」資料室


ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~関連セミナー
高畑勲×マイケル監督初対談!レッドタートルはどこから来たのか - LINE LIVE
2016.09.01 19:39
【出演】
高畑勲(『レッドタートル ある島の物語』アーティスティック・プロデューサー)
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(『レッドタートル ある島の物語』監督)

i
【「岸辺のふたり」が僕たちを虜にした】
高畑勲:
(LINE LIVE放送開始前にマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の短編アニメーション)
「岸辺のふたり」(新邦題『父と娘』)という作品を観て頂いたんですが、
僕も後ろで観ていたんですけど、素晴らしいと思われると思うんですが、
ただ初めての方はですね、僕がいうのもなんですが、
ものすごく沢山の物を見逃しているはずなんですよ、これ。
で、だから最初におすすめしたいのはですね、繰り返し観てください(笑)。
その度に快楽もあるしね、悦びもあるし、面白いし、尚且つ
色んなことがわかってくると思います。特に日本の題名の「岸辺のふたり」というのは、
どうも人を惑わす題名なんだね。もともとは「父と娘」(原題『Father and Daughter』)
というのが題名なんですが。「岸辺」とは一体なにかという問題。
「ふたり」というのは一体…まぁもちろんあの2人ですけども…父と娘なんだけど(笑)。
だから、そういう訳の問題がいろいろあるんで。それからもうひとつ、
実はこれについてお話を全部してしまいたいぐらい愛してるんですけれど、
今日はそういうわけにいかないんで残念だな(笑)。

で、これ(セミナー)の副題がですね、今度封切る「レッドタートル」という作品ですけど、
それはどこから来たのか、というのが今日のテーマなんで、
その意味をちょっと簡単に言います。
なんといっても、まずこのさっきご覧になった「岸辺のふたり」があまりにも素晴らしくて、
ジブリの僕たちというか鈴木敏夫、それから僕なんかも含めてですけど、
私たちを虜にしたことが非常に大きいと思うんですね。
非常に強烈なインパクトを与えられた。僕自身についていえば、
大学の講師をしていたんですが、学生に繰り返しこれをみせて、
この奥深さというものを自ら発見していってもらう…
まあついこっちが語ってしまったりすることもあるんですけども(笑)、
そういうことを繰り返してやりました。で、
鈴木敏夫という人はプロデューサーですからね、マイケルさんに
「スタジオジブリで長編を作ってみないか」って、実に大胆な提案をしたんですね。
もし、こういう風なマイケル作品に対する敬愛と、
プロデューサーとしての度量といいますかね、
そういうものがなかったら、「レッドタートル」というのが
日の目を見るってのはなかったんじゃないかと私は思います。

ですから、「どこから来たか」というとですね、
まず「岸辺のふたり」彼の過去に作った作品ですね、
それがすごい力を持っていたからだと思います。
「レッドタートル」というのが完成した今、僕らはマイケルさんに対する
敬意とか愛情とかっていうのをますます深めているんです。
この企画に参加できて、本当によかったと思います。
で、というわけで、鈴木敏夫からの申し出を受けたマイケルさんはそれをどう考えて
承諾するに至ったのか、それをまず伺ってみたいと思ったんですね。
というのは、マイケルさんがそれまでに作ってきた作品っていうのは全部短編だし、
このなかでもちろんわかってらっしゃる方多いと思うんですが、
短編っていうのは独自の芸術的なジャンルなんであって、
決して長編が作れないから短編を作ってる、とかそういう話じゃないんでね。
そういうものの非常に高みに達した作品をつくった人がですね、
要するに、長編に手を出すということは非常に大きな決断も必要だし、
そこらへんをちょっと伺いたいと思います。


【美しいストーリーを語りたい】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
まずは高畑さん今のお言葉ありがとうございます。
実は作品をつくるときというのは必ず決意というものが必要なんですね。
最初にジブリからメールを頂いて、そのなかで長編を作ってみないかという、
そういった依頼があったんですけれども、
私はそのとき勿論、今まで90年代の初めぐらいからジブリの作品を何本か観て、
とても尊敬するアニメーションスタジオの一つであったので、
そんなジブリからそういう依頼を受けるということで、
私は本当に嬉しかったんですね。まずはその嬉しかったという気持ちと
あとやっぱり短編から長編を作るというのは
また違うチャレンジであるということもあったんです。
私はこれまで短編を何本も作ってきたんですけれど
一本一本作るときに必ず新しいことに
挑戦するということを忘れないようにしているんです。
皆さんいまご覧になった「岸辺のふたり」という
『Father and Daughter』という作品は例えば2年かかったんですね。
どうして2年かかったかというと、一人の人間の一生を簡潔に、
しかし、静粛をもって描きたいと思ったんです。

というのも一人の人間の一生を描くというと、
どうしてもバタバタしてしまう。それをどうしても避けたかった。
本当に簡潔で、そして静かな、
そういったストーリーを語りたいと心から願っていたんです。
もちろん、映画監督として長編を作りたいという気持ちは
今までなかったといえば嘘になります。
しかし私は長編を作るときというのはやはりどうしても
美しいストーリーを語りたいというのが根底にありました。

いろんなプロデューサーからこういう長編を作らないかと依頼を受けたこともあります。
素晴らしいスタッフを付けてあげるよ、お金もいっぱい出すよ、
そういった甘い言葉を囁かれたこともいっぱいありました。
けれども、私にとって作るというのはやはり
自分の弱いところをさらけ出して作らないといけないんですね。
自分のアーティストの弱いところをさらけ出さないといけない。
そういうことをするには、
自分にとっていちばん美しいと思う、ストーリーを映画化したい。
そうでないと、自分は長編に挑戦できない。

そういった確信がありました。

【「南の島に漂流する男」を長編でやってみたい】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
今まで長々と話してしまったんですけれども、
結局先程のことに関しては実は作品をつくるときというのは
熱意がとりあえずいちばん重要なんじゃないかと思うんです。
先程の話に戻って、ジブリの方から「長編を作らないか」、
というメールが来たとき、それはもちろん私にとっては、
「是非是非一緒に作りたい」、という本当にポジティブな気持ちでした。

それは同時に、大きな衝撃でもありました。
その前に実は一度、高畑さんにお会いすることがあったんですけれども、
まさかいつか一緒に仕事をするような予兆などは全くありませんでしたし、
本当に想像を絶するオファーだったんです。そういった経緯のなかで、
これから長編でどのような話を語ったらいいのか、というのを考えたときに
私自身子どもの頃からすごく南の島に漂流する男の話というのに、
少なからずも、とてもそういうお話が好きだったんですね。
皆さんも『ロビンソン・クルーソー』の話をご存じかとは思うんですけれど、
実は南の島に漂流した男の話というのは短編に向かないと思っていました。
なので、子どもの頃から大好きな「南の島に漂流する男」、
これを是非長編でやってみたい、というのが
まず第一の出発点になります。
そしてそのあとに、
この南の島で一人の男と一人の女が出会い、そして恋に落ちる、
そういったラブストーリーを語ることが出来たらいいなと思いました。
もちろん、愛を語るといっても仰々しいラブストーリーではなくて、
本当に純粋な男女の話を語ることが出来たらいいな、というのがありました。
そして三つ目に、私はこの作品のなかで自分の個人的な自然への尊敬、
自然を愛する、そういった気持ちをメッセージとしてではなくて、
自分の気持ち、情熱、そういったものを皆さんにもし伝える事が出来たらいいな、
というのがありました。もちろん、その美しい自然それに対する愛というのは、
ただ単に美しい夕陽をみせたり、動物をみせたり、花をみせたり、
そういったことではないんですね。それは自然のネガティブなところも合わせて、
自然をみせていく。そして皆さんに自然を理解してもらう。
そういったことだと思うんです。
なので、あえて灰色のちょっとどんよりとした
空とか影とか、死、そういった自然界のなかで私たちが感じるものを
映画のなかでお客さんにも感じてもらえる、そういうことをやってみたいと思いました。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督『レッドタートル ある島の物語』(2016)予告

【いかにして簡潔さを保つか】
高畑勲:
実は今日はですね、
(「レッドタートル」)完成披露試写会が並行して行われているんですよ。
皆さん、おそらくご覧になっていないと思うんで、この会をどうするか
非常に難しいと思っていたわけ。今「レッドタートル」の話を彼がしたので、
これ以上深入りしないことに…ね(笑)。というのはその
観た上でないとわからないとかいろいろ思うんで、
そこに行くまでになにがあったんだろうか、ということで。
少し考えたいと思うんです。
しかし、いま彼がマイケルさんがおっしゃったことで
非常に大事なのはですね、長編を作るときにも、
ある意味でストーリーを簡潔なものにしなければならないとか、
それから自然のこともおっしゃいましたけれど、
しかし自然なんかについても非常に複雑怪奇な、
例えば熱帯のジャングルとか、日本なんかでも非常に植生が旺盛ですけれど、
そういうものじゃなくて、どういう風に整理するか考えて作られているんですよ。
ご覧になったらわかるけど。お話に関してもそうです。
いかにして簡潔さを保つかというのを非常に考えてらっしゃるんですね。
で、といいながら、まだ僕がその話をしてもマズイですね。
ちょっと戻ります(笑)。要するにだから
「レッドタートル」をやるときも勿論そういうことを考えるけど、
それは既に観た「岸辺のふたり」というのに非常に現われているわけ。
今ご覧になっておわかりでしょうけれど、ここには人生が描かれている。
人の一生に近い時間が流れているわけ。で、その間にですね、
自然そのものも変わっていくんですよ。このなかで気が付いてない人も
ひょっとしているんですね、まあ実際。授業してみるとわかるんだけど。

あの…ついでに説明します僕が。(マイケル監督に)悪いですけれど(笑)。
要するに、ロンバルディアポプラの並木があった、あそこはなんだと思いますか。
あれは岸辺とかいうけれど、干拓堤防なんですよ。
「干拓」ってご存知か、九州の有明海沿岸の方なんかは知ってるかと思うんだけど、
堤防があってですね、内側は非常にフラットな海抜ゼロメートル地帯みたいなのが
広がってるわけ。それで、堤防でやっと海を止めているんだけど、
長い時間かかると堤防の外側も段々干上がっていくんですよね。
なんかちょっと障害物を置いておくと。それで江戸時代に日本でも干拓をしていたわけ。
で、オランダっていうのはご存じのとおり、
あれは水を汲み出すためだったりしているわけ。
ある意味で非常にシンプルな構造を持っている風土なんですよあそこは。
しかし、それを最大限に生かしてですね、
人の一生とそういう自然の変化というのも重ね合わせてですね、
見事にやってる。その着眼点がすごいんですね。

もちろん、(マイケル監督は)オランダ出身なんであれなんですが。
8分という時間のなかで凝縮されたことが語れたということがね、
さっきおっしゃったのが長編のなかでも、
別のかたちで工夫してやろうということをなさったんだと私は理解しているんです。
すいません(笑)ちょっと…困ったな…あの(笑)。
すいません、僕がだいぶ喋ることになるけど、
(話の)方向を一応、戻させてもらってですね、
非常に簡潔な物語を簡潔な絵によって、
場合によっては道具立てもやや簡潔にしながら、
要するにあまりゴチャゴチャしたもので
説明がたくさん必要なものはやめにするとかね。
そういうことを非常によく考えて、やってらっしゃるのですが、
ここでですね、要するに表現と内容というものが非常に素晴らしいかたちで
一体化しているところに我々は感心するわけなんだけど、
感心された思うんだけど皆さんも、それをパッと切り離してですね、
内容はさて置いて、表現についてしばらくお話をお訊きしたいと。

で、今説明したような表現スタイルというものをマイケルさんは
いつどのように発見したというのかな、自分でやろうと思ったのかっていうのは、
我々は観ている限り、「お坊さんと魚」もそうだったんですね、既に。
だから、(マイケル監督は)一体どこでああいうスタイルを?

【ロダンのドローイング、日本の禅画】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
子どもの頃たぶん12歳くらいだったと思うんですけれど、
実は私の母親がアーティストだったんですね。
彼女は美学校を出ていて、そして私たち息子に
特別に絵を教えようという、そういったことを
強制的にさせようということはなかったんですけれども、
私たちに絵をみせたり、刺激を与えたところでは彼女の存在は
大きかったんじゃないかと思うんです。

まず最初に12歳のときに母にみせられたのが、
有名な彫刻家のロダンの絵だったんですね。
その絵というのが1本の線で
身体の輪郭を描いているものだったんですけれど、
その1本の線を描くときに、なんの躊躇もなく
最初から最後まで身体の輪郭をなぞって描いた、
その絵が大変素晴らしいと母がみせてくれたんです。
そして私もその絵を観て、それが心に残っていて、
もしかしたら自分の絵の表現方法の出発地点というのは
ここにあったのではないかという風に今思います。

あともう一つ、自分のアーティストとしてのキャリアにとって
大きな出来事がありまして、それはちょうど25歳のときに
ロンドンのアニメーションスタジオで働いていたんですが、
1冊の本と出会いました。その本というのは、
17~18世紀の日本の禅僧が描いた絵をまとめたものだったんです。
それはクリエーターとして本当に衝撃的な出会いだったんです。

というのも、もちろん禅僧と同じように真似をして模倣して
同じようなものを描きたいというそういったことではないんです。
同じ方向性でこれから自分も絵を描いていけたらいいな
という風に私はそのとき思いました。


白隠慧鶴「布袋」18世紀
「書が絵になって、空間を作っている」

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
これは白隠の絵なんですけれども、
この絵からは本当に大きなインスピレーションを受けました。

どうして大きなインスピレーションを受けたかというと、
本当に自発的に心の底から自然に湧いてきたような
そういった絵だと思うんですね。
あとは、新鮮である、
それでいて成熟である、そして簡潔なラインで描かれている。
この「成熟している」ということなんですけど、
それはそこに本当に気持ちがこもっていて、
成熟したスタイルと成熟した精神が宿っていると私は感じました。

これはもちろん西洋でいうと、先程申し上げました
ロダンの1本筆で描かれたようなライン、
それと繋がるものはあるんですけれども、
私は日本の白隠のこの絵を観て、
それをまた更に上回るなにか強さがあると感じました。

【想像力に訴えかける絵】
高畑勲:
マイケルさんの絵もそうなんだけど、実は今日のために、
空白というものを生かして、見る人の想像力に訴えかける絵を
そういうものの例としてですね、いくつか僕は出しておいたんですよ。

で、そのなかにですね、偶然なんだけど、昨日マイケルさんから初めて
いまの布袋の絵というのが「凄かったんだ」と聞きました。



「鳥獣戯画」12世紀

高畑勲:
前に遡って、これは12世紀の鳥獣戯画ですね。


雪舟「破墨山水図」15世紀
「人家あり」

高畑勲:
(先に進むスピードが)早すぎるかな(笑)。
これは雪舟ね。こういう絵でもちゃんとね、
人家が描いてあったりするんです。



長谷川等伯「松林図屏風」16世紀 (上)右隻(下)左隻

高畑勲:
これはもう、いちばん有名で、よく御存じですね。
等伯の松林図。はい次。

尾形光琳「蹴鞠布袋図」17-18世紀

高畑勲:
で、これも布袋なんですけどね。
蹴鞠をしているんですね、布袋が。
上の方に鞠が飛んでます。
これは光琳の絵です。尾形光琳。


仙厓義梵「一円相画賛」18-19世紀

高畑勲:
「これくふて茶のめ」と書いてあるんだけど、
これはまあ、ふざけていると。
江戸時代の禅坊主の仙厓という人の
絵というか、なんというか、禅画ですね。


河鍋暁斎「布袋の蝉採り図」19世紀

高畑勲:
これはですね幕末から明治にかけてですけれど、
河鍋暁斎という人のセミを採っている
やっぱり布袋の絵なんだけど(笑)。


白隠慧鶴「布袋」18世紀

高畑勲:
で、これにつながってるんですけどね。


南天棒「托鉢僧行列図」20世紀

【マイケル監督の絵】
高畑勲:
日本では余白といってるけども、
空白を生かした絵というのは当然のようにあるわけなんで、
その話をマイケルさんがなさったんですね。
(マイケル監督に向かって)追加することあります?
実はですね、時間がないらしいんで、
僕が先に言っちゃうと、線で描いてるでしょ。
日本ではもちろん、筆の線で描いてるんだけど、
マイケルさんの絵がその日本の絵と
ものすごく違うところがあると思うんです。
それに気づかれたかどうか。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット「掃除屋トム」1992
(『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)

高畑勲:
これはマイケルさんの作品の
「掃除屋トム」ってやつなんですね。
筆で描いてるようですね。で、次。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット「お坊さんと魚」1994
(『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)

高畑勲:
これはすごく面白い、
良い作品ですけれど。

「お坊さんと魚」。




マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット「岸辺のふたり」2000
(『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)

高畑勲:
ここからはさっき観た絵ですけどね。
線で描いてあるように見えるけれど、
しかし、線なんだろうか。

ついでにレタリングをちょっと見せてください。
(時間がないから)はしょって、ごめんなさいね(笑)。




高畑勲:
これ見て、気が付くでしょ。
日本ではこういう意識がないんですね。
このレタリングっていうのは、影で物を表現してるでしょ。
で、マイケルさんの絵もですね、ただの線じゃないんだ。
線そのものが影になってる。要するに、
影になっているということは、逆に光を表しているわけだけど、
そういうことで空間を作ってるんですね。

だから、(マイケル監督が)日本の影響があったとかいうことは、
空白を生かすということについてはその通りなんだろうけれど、
すごいやっぱり西洋的なんだろうと思うんですね、マイケルさんは。
で、それを思いついたっていうね、西洋人だから当然だとは
僕は簡単に思わないんで。すごいことなんじゃないかと思って。
そこらへんのことを(マイケル監督に)ちょっと。

【マイケル監督の筆の使い方】

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
もともと筆という道具が好きだというのがあるんですけれども、
もちろん私は日本人ではないので、日本人が使うような
筆の使い方をしないというのはあると思います。
実は自分でいろいろ筆を実験的に使ってみたことがあるんですね。
そして、アニメーションを作るときに1つ気づいたのが、
筆で線をゆっくり動かすと、どうしてもその線が微動してしまって、
全体にそのモチーフが揺れてしまうという、そういった弊害があるんです。

なので、アニメーションで描かれた線というものを
ある程度コントロールするために、真っ直ぐな線、または太い線、
そういったもので、モチーフが微動していることをなるべく見ている人に
気づかれないようする、そういった微動を隠すということがありました。

さることながら、筆で線を描くことにおいて、
光と影とその美しさがとても重要だと私は思っています。

やはりこういう風に影を作ることによって、
1日の太陽の高さというものが見ている人に伝わります。
まだ朝早いときの光なのか、それとも太陽が高いときの光なのか、
そういったものを線の太さで表すことができます。

あとは、筆で作る黒い染みのようなものを単純にすごく美しいと思う
そういった気持ちもあるんですね。
あと3つ目は、下の地面のところの線が揺れ動いて、
そしてそれが人物と溶け込む、そこがまたすごく美しいんですね。

この3つの点で、このような線の使い方、
影の使い方をしているといえるのではないでしょうか。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット「岸辺のふたり」2000
(『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)

高畑勲:
これ凄いんですよね。右上の方を見てください。
町がみえるんですよ。たったこんだけの表現というかな、
非常に簡潔なもので、これだけの表現をしたのは観たことがないですね。

凄いと思うんですよ。だから、これはちょっと違うんですね。
もっと繊細なものになってて、さっきの「お坊さんと魚」という風な、
あるいはその前みたいな筆の太い細いというものを生かしたものとは
もっとそれより微妙な繊細なものをやってらっしゃるんだけど、
筆についても先程おっしゃいましたけど、
日本でも(筆の線を)痩せたり太らせたりして、
太いところと痩せたところを作り出します。
で、それは勢いを出したり、力を感じさせたり、躍動させたりするために使うけど、
(マイケル監督のように線を)光と影のようなものとして考える、
その考え方はほとんど日本にはないんですね。大幅に違うところだと思うんです。



「鳥獣戯画」12世紀

高畑勲:
で、いまここにウサギが転んでいますね。
これの背中がこう太くしてあるんですね。
これはやっぱり、いまダァッーとひっくり返ったときの
力を表しているし、実際成功していると思うんだけど、
これはまた違う使い方というものをやってる。

折角ですから用意したので是非ですね、
「お坊さんと魚」を1分ちょっとの時間ですが、映してください。

「お坊さんと魚」(一部)上映
【48:17~49:47】

高畑勲:
ほんのわずかであれなんですけど、
で、いまの動きなんですけどね、
それからそのパッと出るんでしたら、
あれを出してもらえますか。
「岸辺のふたり」のワンショットなんですけど。


「岸辺のふたり」(一部)上映
【50:06~50:23】

高畑勲:
はい。この女の子の動き。
それから、さっきのお坊さんの動き。
その本当に自分の経験ですけれど、あのね、
見飽きないんですよ。何回観ても面白い。
で、よく考えてみると、あんなこと女の子やんないですね。
あれリアルな動きじゃないと思う。
それにもかかわらず、すごく感じが出ているわけなんですよ。

だからあんなものをね、僕らの立場からすると、どうやって思いつくんだろうって。
そのあたり…変な質問ですけれど、ちょっとしてみたいですね(笑)。
見事だと思うんだけど。

【動きに魅力を与える】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
高畑さんにいろいろお世辞というか頂きまして、
少し困っておりますけれども(笑)、
実はこの動きに関して、子どもの頃、
周りに鳥とか、哺乳類にしても昆虫類にしても、
自然に囲まれていつも鳥や動物や虫を観察しながら
毎日を過ごしていたというのが一つあると思うんですね。
例えば、鳥が頭をこう動かしたり、トカゲが動いていないのに
急に動き出したり、または蜂が触角をさわったり、
そういった虫や動物の動きをいつもいつも観察していたというのが
あるかもしれません。あともう一つ、私がよくアニメーターにいう言葉なんですが、
アニメーターというのは動きを作っていくそういった過程の中で、
それは陥りがちの罠なんですけれど、ステレオタイプの動き方で
人物を動かしてしまうということがよくあるんですね。
けど私はそこで、動きに魅力を与えてあげなさい、ということを
常にアニメーターたちに言うようにしています。

それは例えば、ダンサーが一連の動きをただ単にするのではなくて、
そこになにかプラスアルファの、なにか気持ちから湧き出たものを、
込めることによってそのダンスが格別なものになる、
そういったこととちょっと似ているのではないかと思います。

【「岸辺のふたり」のラストシーン】
高畑勲:
いまのお話はアニメーターに聴かせたいですね。
日本では観察するよりアニメを見てアニメーターになるから。
だいたいそういうことが起こっていますけど。
あと…困ったな(笑)。やっぱり本質的な話をしてもらった方がいいかな。
えっとですね、予定していたことがなかなかやっぱり全部入らないので、
すいません飛ばしてしまいますけど(笑)。
さっき観た(「岸辺のふたり」の)ラストシーンはびっくりされたかもしれません。
それで「レッドタートル」って作品も人生を描いているんです。
これ(「岸辺のふたり」)も人生を描いていましたよね。
この「岸辺のふたり」のラストシーンについてお伺いしたいんですが、
要するに、一種のショックを受けるわけですよね。
あるいは一回観ただけで、まだこなれきっていない人もいるかもしれません。
大事なところは、これは日本人である我々にとっては、
意外とショッキングであるものの、
非常にすんなりとですね受け入れる事はできるんですよ。

で、それはいったいそういうマイケルさんの死生観なのかね、
というのは、正統的なキリスト教の教義からいうとはっきりおかしいですから。
しかし、日本の非常にいい加減な神も仏もなにもかも、
もうなんでもいい我々にとってはすんなりと心に入るんですね。
だから、その点ご本人のあれなのか、
それともこれを作ってるときに1つ思いついたりしたのか。

【マイケル監督の死生観】

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
こういった死生観というのは個人的な見解だと思います。
私のバックグラウンド、教育そういったものから来たものではなくて、
あくまでも個人的ものだったと思います。

私が育ったのはプロテスタントとカトリックが共存する
そういったところの地方からきているんですけれども、
子どもの頃、プロテスタントとカトリックの教育を
強制的に受けたというわけではないんですね。
けれども、若いときからそういったものを目にする
ということはもちろんありました。
私自身、若いときにある死を
間近に体験することがあったんですけれども、
そのときに自分なりに死とはなんなのかということを
理解しようという心の動きがあったわけなんです。
なので、私が自分自身で自分の言葉で
理解しようとした「死」というものがもしかしたら
死生観の根本に根付いているのでないかと思います。


【別れてまた再会する】

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
あともう1つ。いろんな本や小説、文学のなかで、
もちろん何度も繰り返されているテーマではあるんですけれども、
私自身、2人の人間が別れてそしてまた再会するという、
そういった話がとても好きなんですね。
というのも、
もちろんスピリチュアルな意味だけではなくって、
いろんな意味で私たちに強く訴えかけるテーマだと思うんです。
恋愛にしてももちろん、別れてまた出会うということはありますし、
禅文化のなかにもそういったことはあります。
なので、たぶんそれがまた、もう1つ根底にあったのではないでしょうか。

高畑勲:
ついでにですけど、周りの方っていうかな、周りの人々は
この「岸辺のふたり」のラストについて、なにか意見を
マイケルさんに言ったりしているんでしょうか。

【死を語るための教材として使っている】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
こういう仕事をしていると、本当に全く面識のない人から
突然手紙やメールを頂くことがあって、それが大変私の心を打つんですけれども、
どうやって私のメールアドレスを見つけてきたのかわからないのですが(笑)、
ときどき知らない人からメールが来ます。そういった方から頂いたメールのなかで、
例えば、小さいときに死別した肉親のことを思い出すとか、
または、病院で新人の看護師の訓練をするときに
死を語るための教材として(「岸辺のふたり」を)使っているんですよ
、とか
そういったメールを頂くことが多いんですね。
なので、世界中の人、中国とかいろんな国の人から、
そういったメールを頂くのは、本当にこの作品ならではだと思います。
あと、この作品を観て、全く死という概念を意識しない方もいました。
それはたぶん、死に対する概念が私とは全く違うのかもしれません。

【「岸辺のふたり」は我々にピッタリの作品】
高畑勲:
実はですね授業だけじゃないですけど、
(「岸辺のふたり」のラストが)死だと思わない人が
たくさんではないですが、います。
ただ日本の場合、たぶん皆さんもそうでしょうが、
死んだ人がいったいどうなるのかということについて、
僕らは平気で矛盾している。そのことを悪いと僕は全然思っていませんが。
例えば、「天国でお父さんが見てくださる」とか「さぞお喜び」とかいうのは、
死んだ人がこう見てくれているわけ、我々をね。
だから、悪いこともできないとかいう(笑)。そういうようなのもあるけど、
一方では、先に夫が死んで、「私ももうじきいきますからね」といったら、
もうすぐに会えるつもりね、そのまま死んだら(笑)。
そういう風なのがゴチャゴチャになってて、我々は非常に自由である。
と言う風に、僕は最近意識しているんです。
日本というのは悪くないんじゃないかと。
自由に自分たちの気持ちに応じて、死を考えることができるということで。
そういう点でですね、(「岸辺のふたり」の)あの子が、
あの子っておばあさんなんだけど(笑)。あの子がですよ、
若返っていってですね、どこを、どの歳で、どういう感じで、
(お父さんに)見てもらいたいか、というのがよくあらわれているでしょ。
だから、さっき言ったけど、我々にピッタリ。本当に素晴らしいと思うんです。

(マイケル監督に対して)もし、他に何かあれば。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
なにも付け加えることはございません。


『The Longing of Michael Dudok de Wit』
「ロンギング ~ メイキング・オブ・レッドタートル」
(『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)

【Longing - ロンギング】
高畑勲:
(進行の武田美樹子氏に対して)もう時間?もう終わり?
あと2つ、本当は訊きたかったんだけど、
ドンと削って、「レッドタートル」との関係で、1つだけ。
「レッドタートル」制作中にオランダのテレビ局が
「ロンギング(=思慕、切望)」というタイトルのメイキングを作ったんですね。

実に見事で感心したんですが、
しかし「ロンギング」というのは非常に大事な言葉で、
古い日本語の「恋ふ」「孤悲」はそういう意味だと思うんですよ。

「アモール」(「愛」)じゃないんですね(笑)。
「I miss you」の「you」が物であってもいいし、なんでもいいんですけど。
そのことをマイケルさんが意識しているというのは非常に大事なことであって、
マイケルさんから説明してもらいたいのですが、
是非、皆さんが「レッドタートル」をご覧になるから言いたいのですが、
「ロビンソン・クルーソー」の話というのは、「いかにしてサバイバルするか」という話でしょ。
そこに面白味を見つけるわけじゃない。
で、先に言っちゃうけど、そういうことがないんですよ、この映画(笑)。それを言いたい。
それはですね、「ないじゃないか」ということじゃなくて、「飢えてる」。
(「レッドタートル」の)主人公の男は「ロング」していて、飢えているんですね。
飢えているんだけど、なにに飢えているかといったら、
食べ物に飢えているんじゃない。もっと精神的なものだ。
要するに「人に会いたい」とか、
そういうことを表現できているんですよ。
だから、
そういう人間にとっては食べ物がなかったら、死んじゃえばそれでおしまいでしょ。
孤島に流れ着いたって、食べ物があったら、それでおしまいだし。
それはそれでいいんだろうって(笑)。
もしあれだったら、なんとかして暮らしていくことができるっていう。
例えば、日本に鳥島って島があるでしょ。
漂着して、あそこで十何年暮らしている人がいるんですよ
食べ物さえ見つかれば、食っていけるんですね。そこは大事なことじゃない。
でも、もちろん、サバイバル物は面白い。
面白いけど、(「レッドタートル」は)そこに重点があるんじゃないということは、
是非こういう機会だから言っ…ちょっと言ってはいけなかったかもしれないけど、
僕は言いたかった(笑)。というのはそこを探して、
「ないじゃないか」と言われることがいちばん心外…僕が心外というより、
マイケルさんが心外だろうと思うので(笑)。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
付け加えることがないほど、いま美しいお言葉を聴けて嬉しいです。
「ロンギング」というのは、本当にとても大事な感情だと思います。

【質疑応答】
質問者A:
短編の映画では表現したいものを圧縮して表現すれば、
短時間なので人は観てくれると思うんですね。
付いていってくれると思うんですけど。
長編になるとやっぱり表現したいもの以外でも
気にしないといけないものがたくさんあるかと思います。
ちゃんと人が付いてきているか、エンターテイメント的に大丈夫なのか、
そういったものを今回長編を初めて作って、それにどういう風に挑みましたか。


【本質を離れずにいながら自由でいる】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
それはまさしく短編から長編を作るときに、
自分がブチ当たった壁のひとつだったと思います。

というのも、やはり長編となりますと、最後まで
お客さんがちゃんとストーリーを飽きずに観てほしい
という気持ちがどうしても現われてくるんですよね。
ストーリーが心から離れてしまうというのは、
エンターテイメント、娯楽の映画ということではそれは成立しないと思いました。

なので、詳しくはちょっと内容に触れるので言えないんですけれども、
最初、主人公はひとつのことをやってみよう、それができない、
もう一回やってみよう、できない、ということを繰り返すんですね。
こういった場面というのは、一種のサスペンスがあるので、
お客さんが観ていて、「ああどうなるんだろう」っていう風に、次を期待して観るので、
集中力がまだ保てるんです。けれども、そのあと、今度は
みんな幸せというシーンがあるんですね。
これはもちろん、エンディングが幸せというわけではなくて、途中経過として
みんなが幸せというときが来るんですけれども、その間、
実は幸せなのは少しだけ観るのはお客さんっていうのはいいんですけれど、
幸せな時間というのが続くと、「じゃあ次どうなるの?」
みたいな風に、その状況に飽きてしまうということがどうしても起きてしまうんです。

なので、こういったさじ加減というのは、高畑さん、鈴木さん、
長編の経験が豊富にある、いろんなスタッフの人に聞きました。
特に、編集のセリーヌという女性がいたんですが彼女の意見や、
周りのアニメーター、共同脚本家の女性に聞いて、作っていったわけです。
いちばん大事なのは本質を離れないということです。
本質を離れずにいながらも自由でいること。
少しは右回り左回り右往左往することはあるかもしれませんけれども、
本質を忘れずにいることが大事です。

また音楽というのも、とても助けになるんですね。
もちろん、音楽がすべてを解決するわけではないんですけど、
部分部分解決してくれるというのはひとつ言えるかと思います。
けど、もちろんやっぱりいちばん大事なのはストーリーだと思うんです。

質問者B:
今回、作品を拝見させて頂いて、
高畑監督やフレデリック・バック監督の作風にすごく似ている、
いわゆる空間を使うって部分似ているなぁと思ったんですけど、
「レッドタートル」という映画を観るにあたって、
マイケル監督のオリジナルの作風というのは、
どんなところを観ればいいのかなっていうのがひとつ。
もうひとつが「レッドタートル」を観ながら飲むのにいちばん適した
フランスワインを教えてもらいたいなと思います。


【アングレームのワイン】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
面白い質問ありがとうございます。
今回の作品を作るにあたって、
アニメーター1人1人とても個性の強い人が集まって、
本当に多様性のなかでいろいろな個性を
束ねていかないといけないというのが、ひとつ難しかったですね。
いろんな個性がいるなかで、作品にひとつのスタイルというものを
ちゃんと定着させなくてはいけない。

バラバラになってしまわないように束ねないといけない。
そこがとても難しかったと思うんですけれども、
それはやはり何年も何年も一緒に仕事をしていく内に、
皆とコミュニケーションを綿密に取る内に、
少しずつ解消していく問題だったのではないかと思います。
私がアニメーターまたは他のスタッフにいつも言っていたことは、
「君が今やった作業というのはとても美しい。けども、
この方向はちょっと違っていて、こうしてみたら?」
ということを常に言って、スタイルがひとつこう具体化していく

それをステップ・バイ・ステップで一歩ずつみんなで
力を合わせて作っていったというのが大きいのかなと思います。
実はこの作品、制作の大部分をアングレームという
フランスの南西部にある町で作ったんですけれども、
ここのワインがピノーとシャランド、両方混ぜたワインなんですね。
なので、アングレームのワインを是非飲みながら観て頂けたら嬉しいです。


質問者C:
今日は貴重なお話ありがとうございます。
マイケル監督の「岸辺のふたり」を観て以来、
あなたの大ファンです。
今まであなたの作品を全部観させて頂いて、
コマーシャル作品も観てるんですけれども、
お訊きしたいのが、「岸辺のふたり」を撮ったあとに作った
「アロマ・オブ・ティー」(2006)の作品について。

(※『レッドタートル ある島の物語/マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット作品集』収録)
何度も観たんですけども、あの作品については
ちょっと情報がわからなくて、どういう内容なのか、
あれが花粉なのかなんなのかとか、
作品についてお話をお聞きできたらなと思います。

【濃いお茶】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
素晴らしいコメントありがとうございます。
実は「アロマ・オブ・ティー」という作品に関しては、
ちょっとあまり詳しくお話ができません。

この作品は実験的でストーリーも半分あって
半分ないような、そういった展開になっています。
ひとつ言えるのは、この作品のなかで
黒い墨のように見えるその部分というのは、
実は濃いお茶を作って、それを筆に滴らせて描いています。

そのお茶が濃いことによって、特殊な質感が現れたということが
今日言えるところです。

【レッドタートル ある島の物語】
高畑勲:
映画というのは娯楽なんですけど、
バンバンこちらに押し寄せてきてですね、座っているだけで十分翻弄されて、
面白かったり泣けたりするという映画が多いんだけど、
それに対して、これはやっぱり見つめる映画だと思うんですよ。
滋味あふれるという言葉があるけど、ジワーとやってくるものが大きくて、
なかなか日本なんかでは作れないような
良い映画が出来たんじゃないか
と私としては思っていて、
是非みなさんに観て頂きたいし、とまぁ思っていますけど。よろしくお願いします!

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
高畑さんがいますべて仰ってくださいましたけど、
私からあえて申し上げたいことがひとつあります。
この作品は実は合理的な論理的な思考で作ったわけではなくて、
直感的に作ったというのが根底にあると思います。

なので、この作品を観るときに身を委ねて、
音楽を聴くように、音楽を聴くときというのは
「この楽器はなんだ。どういう意味があるのか」と
考えて音楽を聴かないと思うんですね。だから、
音楽を聴くように、あまり深く物事を考えないで
作品に身を委ねて、観て頂けたら嬉しいなと思います。


【作家性の尊重】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットは短編アニメの監督として、
1990年代からすでに世界的に高い評価を受けてきた。
代表作『岸辺のふたり』(2000年)は米アカデミー賞をはじめ数々の栄冠に輝いている。
60歳を過ぎて今回の『レッドタートル』が初の長編作品になったとはやや意外だ。
それまで長編にはほとんど関心がなかったという。
「何人かの友だちが、素晴らしい話をもらって
カリフォルニアに旅立ち、プロデューサーに企画を改変されて、
がっかりして帰ってきた。でもジブリは違った」。

長編に挑戦する気になったのは、敬愛するスタジオジブリに
「監督の意思を全面的に尊重する」と話を持ちかけられたからだ。
(ニッポンドットコムおすすめ映画 レッドタートル ある島の物語)

ジブリとの共同製作は初めてだったが、勇気をもらったという。
「仲間のクリエーターには支援がなくて
思うような作品を作れない者も多い。
ジブリはクリエーターの作家性を尊重し、
作りたいものを作れるよう後押ししてくれた。
私にとって初の長編アニメはビッグプロジェクトで、
ジブリのサポートなしには不可能だった」
と(マイケル監督は)感謝する。
(Interview ドゥ・ヴィット(アニメ映画監督)ジブリに勇気もらった)

【スタジオジブリの協力】
鈴木敏夫:
『岸辺のふたり』を観たあとに、
まずは(マイケル監督と)交流が始まりました。
その中で、ふと思いついて、
長編を作りませんかと話したんです。マイケルからは、
「自分はこれまで短編しか作っていないから、長編の作り方がわからない。
スタジオジブリの協力が得られるのなら考えたい」
という
返事をいただきました。それが2006年のことです。
ジブリの協力をということで、
僕はすぐ、高畑さんが適任だと思いました。
高畑さんとマイケルはすでに親しかったこともあり、
二つ返事で協力してくれることになりましたね。

(『レッドタートル ある島の物語』監督&鈴木敏夫プロデューサー対談)

【ワイルドバンチの協力】
ワイルドバンチ(フランスの映画製作兼配給会社)という
会社があってそこのヴァンさんに協力してもらいました。
創作はマイケルと協力してジブリの方でやって、
実際の作業はフランスの方でやるということを大きな条件として、

ヴァンさんの力を借りながら、
マイケルとのいろんなコミュニケーションをふまえてここにたどりつきました。
実際は2006年10月に30年来の友人のヴァンさんと約束し、
その後どういうものをつくるのか、どういうスタッフでつくるのか、
予算はどうするのか、いろいろな問題がありました。
それをクリアするなかで、実際の作業は今考えると3年間、
今年(2016年)の3月がその完成の日だったと思います。
10年という歳月をかけて最後まで彼(マイケル監督)はがんばってくれました。
(「レッドタートル ある島の物語」完成報告会見・舞台挨拶)

【スタジオジブリとの意見交換】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
2004年に広島国際アニメーションフェスティバルの
国際審査員の一員として日本へ行きました。
その時にスタジオジブリを訪問し
高畑勲監督、鈴木プロデューサーとお会いしました。
今回お話をいただいた際、長編アニメーション制作に関して
高畑監督とスタジオジブリの協力が条件だとお願いしました。
シナリオ作りにはじまり、ライカリール、効果音、音楽に至るまで、
高畑監督をはじめ、ジブリのスタッフと意見交換しました。

スタジオジブリとの意見交換は素晴らしい経験でした。
その間、手紙やメールのやりとりを重ねましたが、
何かを強制されることもなく、常に私の意見を尊重してくれました。

(「マイケル監督インタビュー」『レッドタートル ある島の物語』映画パンフレット)

高畑勲:
私たちジブリスタジオのメンバーは、マイケルから送られてくる
脚本やライカリールをその都度いっしょに鑑賞し、
意見を出し合いました。そして、スタジオジブリとしての意見、
すなわちマイケルへの返事の日本語草案を、私が作りました。
私の立場は以下のようなものです。
私は作り手の一人です。作品の内容・表現については
あくまでも監督の考えどおりに作るべきだと考えてきました。
そして実際、幸運にも、私はそれを貫かせてもらってきました。
ですから、長年その恩恵に浴してきた人間として、
当然マイケルもその特権を享受すべきだと思いました。

ですから私は、もしどうしても意見を述べなければならないとしたら、
とことんマイケルに寄り添い、マイケルの立場に立って考えたいと思いました。
送られてきた脚本を熟読し、ライカリールを熟視し、
マイケルの意図が何かを的確につかむことに最大限の努力を傾け、
マイケルを理解しようとしました。その段階で、感嘆したこと、
いいと思ったこと、理解したことは率直に伝え、彼を励ましました。

(「高畑勲インタビュー」『レッドタートル ある島の物語』映画パンフレット)

【ストーリー開発】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
なぜ10年もかかったのかというと 実際の制作期間は3年ですが、
その中でスタジオでアニメーターたちと共同作業をする前に、
ストーリーを開発して固めないといけません。

制作に入ってから変更があれば、コストや時間に無駄が出てしまうので、
まず物語を完成させないといけなかったんです。
あらすじを書くのは数カ月で済んだけれど、
絵コンテを書いてライカリールを描く作業で、
何千枚もの絵コンテを描いていくのは私にとって初めてのことでした。

そこで描いた時にいいアイディアと思っても、
実際に絵コンテをつなげてみると成立していないこともあったりしました。
基本、強い作品ができたと感じていましたが、
課題が残って、どう解決したらいいかわからない部分もいくつかありました。
「どう組み直したら観客を引き込めることができるか?」そういったことを考えました。
(外国特派員協会「レッドタートル ある島の物語」記者会見)

【長編では抑揚の付け方が難しかった】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
短編を作るとき、私は始めに使用する曲を決め、
その曲のリズムに合わせて作品を作っていく。
でも長編ではその手法が使えないので、抑揚の付け方が難しかった。

また、大勢のスタッフにさまざまなことを質問され、
さまざまな決断を下さないといけないのも大変でしたね。
(【ジブリ初の外国人監督】『レッドタートル ある島の物語』)

【マイケル一家の物語】
鈴木敏夫:
マイケル監督がその(「レッドタートル」の)台本、シナリオ、ストーリーフォトなど、
途中までできたものをどんどん送ってくれたんです。で、高畑監督を中心に、
日本側のスタッフ7~8人でいろんな意見を出して話をしたんですけれど、
「これはマイケルの一家の話だね」って、
誰かが言いだしたんです。みんなそれに対して非常に納得しました。
マイケルが自分の奥さんに対してどういう考えで、どういう態度で接しているか、
全部わかる映画だねって(笑)。そういう話をしていました。


マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
確かに男と女が出会って幸せに生きるというのは、
私の人生だったと思います。
二人は恋に落ちる、私もそうだったんですね。
きっと皆さんもそういう経験があると思います。
あとこれは、アニメーターの悪いクセなんですが、
私の作品の登場人物の男の子の絵を見ると、
「あーマイケルの息子に似ているね」ってよく言われるんです。
そして登場人物の男性もマイケルに似ているとよく言われます。

これは、アニメーターの悪いクセで人物を描く時に自分になぜか似せてしまうんですよね。
(「レッドタートル ある島の物語」完成報告会見・舞台挨拶)

鈴木敏夫:
マイケルが宣伝のために日本に来たとき、キャンペーンが終わった後に、
いろいろ協力してくれたから、ご苦労様も兼ねて、マイケルの家族と共に、
高畑さん推薦の裏磐梯に行ったんです。
そしたら、「日本にこんな美しいところがあるんだ」と、
マイケルの家族がみんな喜んでくれたんです。
奥様が「ここはスイスですね」と言って、それぐらいキレイでしたね。
それはいいんだけれど、皆さん、マイケル監督の顔ってわかります?
平たく言うと、いい男なんです。奥様も麗しい方で、
娘さんと息子がいたんだけれど、映画と違って、本当は4人家族なんですけれど、
これがビックリするぐらい美男美女なんです。

なんでこんな家族が生まれちゃったんだろうって思いました。
全員、男はいい男だし、女はいい女。
たった1泊2日だったんだけれど、彼らを見ていたら
「レッドタートル ある島の物語」って
自分の家族をモデルに描いた作品なんだなと思い知らされました。

(スタジオジブリの今と、ジブリの仲間たち - LINE LIVE)


【絵本】『レッドタートル ある島の物語』
<原作>マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット <構成・文>池澤夏樹


【亀の甲羅と男の筏】
鈴木敏夫:
これはいろいろと議論があったシーンなんですよ。
簡単にいうと、(「レッドタートル」作中で)女性が甲羅を流す。
出来上がった映画は「あとで男が筏を流す」、
こうなってるけど、マイケルはね、「同時がいい」と言い出した。

じゃあ、同時だとどういう意味になるんだろうってことになる。
最初はね、ほとんど間を置かず、「甲羅を流すと筏をすぐ流す」
そこにもっと間があった方がいいじゃないかとか、
僕らの日本サイドでもいろいろ検討したんですよ。
挙げ句の果てはね、ある女性がこう言い出したんですよ。
「筏に乗って、2人で文明の国を目指せばいいのに」って(笑)。
振り返ると、この映画のなかに出てくる、
あの女性は明らかに彼女(マイケル監督の妻)がモデル、
そして主人公の男はマイケル、と考えると全部わかりやすくて。

それを個別の特殊なものじゃなくて、普遍的なものにしているってのが、
たぶん彼の力なんでしょうけどね。
さっきの甲羅にこだわったのはね、
どっちが先にプロポーズをしたんだろうって。

明らかに彼女ですよね。慌てて筏を流すのはマイケルだから。
それによってYESでしょ。2人が一緒になるわけです。
(スタジオジブリの今と、ジブリの仲間たち - LINE LIVE)

鈴木敏夫:
僕はあのシーンが好きだったんだけど、
“あなたはどこかへ行きたいかもしれないけど、私はここに踏みとどまるわよ”
という意思表明で、これは女からのプロポーズでしょ、
これはいいじゃないですか(笑)。

男はそれに従うわけでしょ。現実はみんなああでしょ。
世の中の男女は大概、女性の方が主導権を握っている。
それをそのまま描いてるんですよ
(スタジオジブリ鈴木敏夫「尊重したほうが面白いもの」)

【竹林】
記者:
スタジオジブリ作品に関しても、もともとお好きだったとうかがいました。
『レッドタートル』と同時期に、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が制作されましたが、
ヴィット監督は作品をどうご覧になりましたか?

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
もう……大好きな作品です。特に最後のシーン。
高畑さんの作品なので、見る前から絶対に好きだとわかっていました。
制作中に絵や資料を見たりすることはありませんでしたが、
完成した作品を見ると、竹がたくさん出てきますよね。
『レッドタートル』でもかなり出てくるので、かぶっちゃったな……と思いました。
高畑さんに「大丈夫ですか?」と聞いたら、
「扱い方が全然ちがうから気にしなくていいよ」と
言ってくださったのが印象的でしたね(笑)。

(『レッドタートル ある島の物語』監督&鈴木敏夫プロデューサー対談)

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
僕はアニメーションの先生もやっているんですけれど、
学生たちに教えるとき、「リサーチは楽しくプラスなことだ」と教えています。
想像の中から「こういうものがいい」と決めても、実際のリサーチで動きを観察すると、
予想できなかったことがプラスされることがあります。
例えば、島の竹林はどうやって思いついたか?普通は無人島だと
バカンスのチラシとかパンフレットにあるヤシの木がスタンダードですよね?
でも、この作品ではそういう典型的なイメージから離れたものを作りたくて、
それなら竹藪を使ったら効果的なんじゃないかと思ったんです。

実際、無人島で食べ物を調達しないといけないという点で、
少しはヤシの木も必要でしたが(笑)。
竹林に関しては、京都、日本の南部、
そしてフランスの竹林をモデルにしています。

(外国特派員協会「レッドタートル ある島の物語」記者会見)

【高畑勲の助言】

実はカンヌ国際映画祭出品のために
本年(2016年)3月には完成しており、
日仏同時公開を計画していたという。結果的に、
フランス、ベルギー、オランダ等のヨーロッパでの公開が先行し、
日本は秋(2016年9月17日)公開の運びとなった。
さらには、敬愛する高畑勲監督がアーティスティック・プロデューサーに就き、
「あくまでも君の映画だから」や「メインテーマと同じぐらいディティールは大事」だと
折に触れ助言を受けたことも貴重な体験であったと(マイケル監督は)話す。
そして高畑Pからは「すごくいいシーンなのになぜ削ったのか?」と
男女が月夜に草原を歩くシーン、俯瞰の浮遊シーンについて再考を促されたそう。

監督自身「2つともお気に入りのシーンだったし出来栄えも良かったのに、
なぜだかあのときは削ってしまった。自分でも理由がわからない(笑)。
すぐに戻しました。戻して良かった」と明かした。
(『レッドタートル』監督と鈴木敏夫Pの制作秘話)

【地球そのものが生き物】
記者:
(東日本大震災の津波被害が起こって、「レッドタートル」作中の)
津波のシーンを削ることも考えたのでしょうか。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
私から「やはり津波のシーンを取り除いた方がいいのではないか」と
提案しましたが、ジブリからの答えはこうでした。
「津波を軽々しく描いているわけではない。
大きな存在、自然の脅威として描いているのだから、
それは映画の中でしっかり見せるべきだと思います」と。
日本の方にそう言っていただいたので、シナリオを変更せず
オリジナルのまま進めることになりました。
その後、
今(2016年9月)ちょうど六本木ヒルズで行われている
「スタジオジブリ大博覧会」のスタッフの方に、
東北出身の方がいました。彼のおじさんが津波にさらわれて、
父親と一緒に探したけれど6ヶ月後に遺体となって発見されたそうです。
『レッドタートル』を観た彼に、
「津波から逃げてはいけない。津波と向き合うことが大事だと思いました」
という感想をもらいました。それを聞いて私も安心できましたね。

鈴木敏夫:
僕らも過去に似たような経験をしています。
『崖の上のポニョ』には洪水のシーンが出てくるし、
『風立ちぬ』では関東大地震を描きました。
『風立ちぬ』は東日本大震災があった頃にちょうど作っていたけれど、
僕らは地震のシーンをなくすべきではないと考えたんです。
自然というのは美しいだけじゃなく、恐ろしい面もある。
それも丸ごと描くべきじゃないかという考えが、ずっと僕らの中にあるんですよ。
僕は、地球そのものが生き物だと思っているし、
『レッドタートル』でもそれを描かないといけないと思ったんです。

(「レッドタートル ある島の物語」マイケル監督×鈴木敏夫インタビュー)

【「レッドタートル」のラストシーン】

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
この作品のラストに関して、
感動的ではあるが非常に静かでシンプルなエンディングを求めていました。
過剰に劇的ではなく、自然にスーッと入ってくるものがほしかったんです。

直感で感じたものが正しいと信じてそのまま作って大成功…という
流れになれば簡単ですが、長編映画はそんなに簡単ではありません(苦笑)。
それが何万人もの観客にどれくらい伝わるかを考えないといけないので、
絵コンテの段階から、いろんな人に見てもらい、反応を確かめました。
その過程でジブリの方々が観て「伝わっている」と確信につながったし、
ワイルドバンチのプロデューサーにも観てもらいました。
制作段階では、アニメーションスタッフも加わります。
こちらから「どう思う?」と聞いても答えがちゃんと戻ってこないことも多いけれど、
コメントや反応から察したりして作り上げていく次第に
「このエンディングで正しい」と確信しました。

(外国特派員協会「レッドタートル ある島の物語」記者会見)

鈴木敏夫:
ラストのラストのシーン。
実は僕らが知らない間に作られちゃったんですよ。
「えっ!?」ってなりました。シナリオにないし、
ストーリーボードにもないシーンでした。

僕らは完成した映画を観て、「付け加えやがったな」って思いました(笑)。
(スタジオジブリの今と、ジブリの仲間たち - LINE LIVE)

『レッドタートル ある島の物語』映画全体の尺は81分と決まっていた。
映画本編ラスト7分を入れるため、それより前の所から7分間分削った。
(週刊文春「阿川佐和子のこの人に会いたい M・デュドク・ドゥ・ヴィット」)

【セリフ、叫び声、咳、呼吸】
記者:
『レッドタートル』にはセリフがありませんが、
制作過程の途中までは少しだけあったと伺いました。
セリフをなくした理由について教えてください。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
セリフを完全になくすまでには、いくつものプロセスがありました。
いくつかのシーンではどうしてもセリフによる説明がないと
ストーリーが理解しにくいと思える箇所があったので、
最初は少しだけセリフが必要だと思っていたんです。
もうひとつ、登場するキャラクターたちが「人間である」ことを証明するためにも、
しゃべることは必要だと思っていました。
それら2つの理由から、当初はセリフを入れていたんです。

ですが、自分たちスタッフで声を入れて
アニマティック(註:動く絵コンテ)を作ってみると……
何かしっくりこなかったんです。はじめは、プロの声優さんではなく
自分たちで吹き込んだから違和感があるんだと思いました。
でもジブリさんに映像を送ると、
「セリフがないほうが良いのでは?」とお返事をいただいたんです。
それまでセリフを書き直したり、量を増減させたりと、
いろいろな試行錯誤を重ねていましたが、
実はどのバージョンもしっくりきませんでした。そんな中、
「セリフを全部なくしても、お客さんはわかるはず」と
おっしゃっていただけたので、自分としては本当にスッキリしました。


記者:
セリフの有無について、ジブリ内ではどのような話し合いがあったのでしょうか?

鈴木敏夫:
基本的に高畑さんは、「マイケルがやろうとすることを手助けする」
というスタンスを頑なに守っていました。
セリフを残すか無くすかという話でも、それはマイケルが決めることだと。
あくまでマイケルの意図を尊重して、
あくまでそれを実現するための助言を出していました。
僕はプロデューサーなのでまた違う立場ですけれど、
セリフを無くすことには賛成しました。

セリフ無しで見た時と、セリフありで見た時とで、自分の中で違う反応が生まれたんです。
この作品そのものがある種“詩的”ですが、
セリフをしゃべった時に、自分が現実に戻ったように感じたんですよ。
僕が一番、セリフを無くそうと主張していたかもしれません。

できあがった作品を見た時も、サウンドエフェクトをもう少し減らしてもいいんじゃないか、
“無音”にしても良いんじゃないかと思ったくらいでした(笑)。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
3年がかりの現場だったので、途中でたくさんのスタッフが入れ替わりましたが、
新しく入ったスタッフにフィルムを見せると、
彼らはセリフがないことに気づきませんでした。
言われて初めて「あれ?セリフなかったっけ?」という反応をしたんです。
本当にセリフがなくても、みんな自然にそのシーンを見ているんだと
確証を得られました。セリフを無くしたのは間違いではなかったと確信しました。

咳や叫び声などは入れていますが、実はそれに加えて、
声優さんには最初から最後まで映画に合わせた“呼吸”をしてもらっています。
呼吸の音は、走った後ではよく聴こえるし、
逆にまったく聴こえないシーンもあります。

これはやってみて気づいたのですが、呼吸を人物の絵に合わせることで、
その人物が何かを伝えたいんだということがわかるんです。
呼吸はある種、心の中を言葉の代わりに表現していて、
伝わるものがあるのではないかと感じました。

(『レッドタートル ある島の物語』監督&鈴木敏夫プロデューサー対談)

【マイケル監督の心残り】
スタジオジブリ初の海外共同作品、そして初の長編アニメーション挑戦と、
二つのプレッシャーと闘い続けたヴィット監督は
「わたしには大きすぎるプロジェクトでしたが、
ジブリの皆さんは、いつも心の支えになってくれました」と感謝しきり。
ただ1点、心残りがあるとすれば、高畑との関係性だと振り返る。
「わたしの仕事を尊重するあまり、
高畑さんは踏み入った意見を控えているようだった。
ただ、わたしにとって高畑さんは憧れの存在。
もっともっと厳しい意見を言ってほしかった」と吐露していた。

(『レッドタートル』はジブリっぽい?ぽくない?そもそもジブリらしさって何だ)

【子どもの出産シーンは描くべきだった】
宮崎駿は「レッドタートル」を途中から40分だけ鑑賞。
「アニメーションの芝居の上手さには感心したが、
子どもの出産シーンはしっかり描くべきだった」と感想を述べる。

(週刊女性セブン「宮さんはなぜ『レッドタートル』を褒めなかったのか」)

ジブリの大博覧会 独占LIVE全部見せちゃう!?SP - LINE LIVE

谷川俊太郎「レッドタートルに寄せて」

ポール・ゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

【ジブリ機関紙『熱風』2009年8月号「ゴーギャン」特集】
 それにしても、やはり疑問は残る。
ゴーギャンがタヒチの男ではなくて、女たちにこそ魅せられたのだから、
彼の夢見る“楽園”の絵に男がいないのは仕方がないかもしれない。だが、
「我々はどこから来たのか?我々は何者か?我々はどこへ行くのか?」と、
人間の生死や人類の来し方・行く末を問うときにさえ、
カギを握るのは、やはり女たちだけなのか。
 唐突ですが、私もじつはそう考えているのです。
男女平等に近づいた現代、本来女性がもっている強さ、
現実適応力の大きさに目を見はっている男性は私だけではないはずです。
タヒチの女同様、みんなふてぶてしく自立しています。
少なくとも、自立しようとしています。
男性しか持たないY染色体の深刻な損傷度や、
精子の憂慮すべき減少を持ち出すまでもなく、
「元始、太陽であった」女性をうまく抑圧・制御してきたはずの
男性が、権力を失ったとたん、平凡な日常の中ではなすすべもなく、
ただ闘争的な“楽園”をヴァ―チュアルに夢見つつ立ちすくんでいる……。
ニューギニアとはちがい、ゴーギャンが目指したタヒチは部族戦争もなく、
権力はすでにフランスに奪われていました。
そしてじつは、『ノアノア』の中で、
ゴーギャンはタヒチの「野蛮人」間の「両性の差異の減少」について
考察しているのです。そういえば、
絵の中央に立つ唯一の男もどこか性別があいまいでした。
 「この裸体民族に於いては、我々の民族とは異なり、
恰度動物界と同じやうに両性の差異がはっきりしてゐないのだ。
我々は、女性を働かせずに、即ち彼女等の啓発される
機会を与へずに、女性は弱い者だと力説してゐる。そして、
理想主義的な虚言家にだまされて、女性を繊細なものだと決めて了ってゐる。
 タヒチに於いては、太陽の光線が、男女両性へ同じやうに光を投げかける。
(…)女達は、男と同じ仕事をやる。男達は、女達に対して呑気なものだ。
だから、女達には、男性的な処があり、男達には、女性的な処がある。
この両性の近似は、彼等の関係を安易にする。」(前川堅市訳)
 まるで現代を語っているような気がしないでしょうか。
こうなれば、生む性でもある女性のほうが、
人間の生死にとっても、これからの人類の歴史にとっても、
より重要なことは明らかではありませんか。
カギを握るのは、やはり、どうやら女たちで、男ではなさそうです。
(高畑勲「カギを握るのは、やはり、どうやら女たち。」)

【ポニョ・かぐや姫・レッドタートル】

宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』(2008)、高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』(2013)
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督作品『レッドタートル ある島の物語』(2016)

【異類婚姻譚】
不思議な妻はヒトではない、
と書くことまでは許されるか。
つまり、この映画の主題は異類婚姻譚だ。
(「池澤夏樹寄稿文」『レッドタートル ある島の物語』映画パンフレット)

【なぜ、カメなのか?】
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット:
この物語は、
広大な海に存在する生き物を必要としていて、
本能的に浮かびました。
巨大なウミガメだ、と。
魅惑的な神秘を兼ね備えたキャラクターが必要でした。

カメの特性を挙げるとすれば、相手を思いやるやさしさ。平和的。
魚と違って、手(前足)と足(後ろ足)があり、陸にあがることができ、
どこか人間的でもあります。
一方で、古代から存在する孤独な生き物で、
時には長い距離を旅し、永遠に生きているような気もするので
人間の対極の存在でもある“不死”のイメージもあると思います。
ビジュアル的にもウミガメはとてつもなく美しい生き物で、
アニメーション作品で強く印象に残るキャラクターだと思います。

(『レッドタートル ある島の物語』映画パンフレット)

【三鷹の森ジブリ美術館 2階北側廊下】
「レッドタートル ある島の物語」展
2016年8月24日(水)~10月31日(月)

マイケル監督から宮崎駿監督に贈られた
『Father and Daughter』の絵 (署名:2004年8月)も展示。

【三鷹ネットワーク大学】
アニメーション文化講座
傑作アニメーションを、とことん味わおう#1
「岸辺のふたり」「くもとちゅうりっぷ」
講師:高畑勲(アニメーション映画監督)
2016年10月7日・14日・21日・28日(金)


【「岸辺のふたり」の本を書きたい】
高畑勲:
学生を対象に、この作品(『岸辺のふたり』)だけを取り上げて、
一時間半から三時間ぐらいかけての授業を私は何度も行いました。
私はこの作品について、ユーリ・ノルシュテインの『話の話』と同様
一冊の書物を書きたいと思っています。

(「高畑勲インタビュー」『レッドタートル ある島の物語』映画パンフレット)

『レッドタートル公開記念対談SP 池澤夏樹氏×マイケル監督』LINE LIVEまとめ
『レッドタートル ある島の物語』全予告全集(+本編映像)

すみだ水族館とジブリ作品「レッドタートル」がコラボ!
ジブリ新作に赤トトロ!
スタジオジブリ初の試み“総選挙”と“共同制作”
映画『レッドタートル』鈴木敏夫プロデューサー第89回米国アカデミー賞記者懇談会
鈴木敏夫のジブリ汗まみれ - ゲスト:松井玲奈さん
『レッドタートル ある島の物語』は"人生そのもの”を提示する
スタジオジブリとオスカー監督による、詩情と哲学と奇跡が詰まった大人のアニメ
ジブリ新作、津波シーンを残したワケ
10年越し企画『レッドタートル ある島の物語』
私とは何者か ジブリ最新作「レッドタートルある島の物語」
東宝『レッドタートル ある島の物語』、ジブリ鈴木Pら
ジブリはこれからどうなる?鈴木Pが語る未来像
「レッドタートル ある島の物語」講演会付き試写会
鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ
ジブリ新作『レッドタートル』がカンヌで特別賞!
鈴木敏夫さん囲み取材!「人生を丸ごと描いた」『レッドタートル ある島の物語』
スタジオジブリ協力の「The Red Turtle」制作過程をアヌシーで明かす

【スタジオジブリ】新作ショートアニメーション2016【近藤勝也】
立正大学講演会「鈴木敏夫プロデューサーに聞く~3.11後のジブリアニメの予感~」
『キリク 男と女』3D特別上映&ミッシェル・オスロ×高畑勲トークイベント
高畑勲講演会レポート「映画を作りながら考えたこと」@東京学芸大学
【『やぶにらみの暴君』】『王と鳥』回顧録【日本劇場公開から60年】
『風立ちぬ』【補遺】資料室
【スタジオジブリの教養】鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊+α
杉浦茂『猿飛佐助』と宮崎駿『崖の上のポニョ』
宮崎駿の原点&バトンの継承 三鷹の森ジブリ美術館「挿絵が僕らにくれたもの」展
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット初めての長編映画の製作にスタジオジブリが参加


theme : スタジオジブリ
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月28日発売
line
【文庫】4月6日発売
line
【文庫】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月17日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【文庫】6月17日発売
line
【DVD】6月23日発売
line
【PS4】7月29日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line