ノンフィクションW 『スケッチトラベル~「トイ・ストーリー3」を作った男が生んだもう一つのストーリー』

(2011年11月18日~11月19日のツイート)
ノンフィクションW スケッチトラベル~「トイ・ストーリー3」を作った男が生んだもう一つのストーリー|ドキュメンタリー/教養|WOWOWオンライン

 堤大介「宮崎さんに本当に素晴らしい絵を描いて頂いたんですけど、めちゃめちゃ怒られました。いかにこれ(スケッチトラベル)がいけないことか。君は休暇とってきてるかもしれないけど、みんな忙しいんだ」『スケッチトラベル~「トイ・ストーリー3」を作った男が生んだもう一つのストーリー』より

 堤大介が宮崎駿のアトリエを訪れたときの映像はWOWOWのドキュメンタリーでも撮影を許されなかったようでなかったけど、監督の姪の"芽以"さんと堤大介の結婚式での写真(宮崎駿とのスリーショット!)をみることができたのはよかった。「トトロ」のメイちゃんのモデルだけあって、その面影がありました芽以さん。

 『トイ・ストーリー3』の監督リー・アンクリッチがその絵の色使いや光と影の表現に感動してメールを送り、堤大介がピクサーで働くきっかけになった氏の個人WEBサイト"art of dice tsutsumi simplestroke.com"

 堤大介の個人WEBサイトをみて思ったけど、サイトでその抜粋が引用されているロバート・ヘンライの『アート・スピリット』は、アメリカの美術学生のやはりバイブルなのか(堤大介はNYの「School of Visual Arts」を首席で卒業)。

 「手抜きの本が一個もない」「いちばん、イラストレーターで尊敬している人」と堤大介が語る、絵本作家レベッカ・ドートルメール(「スケッチトラベル」参加者のひとり)の代表作『恋するひと』。番組で紹介していた、日本でも出版されている絵本。Amazonにはもう中古本しかないけど。

 「日本人としての憧れ、誇り。本当、宮崎さんの凄さっていうのは、この(アニメーション)業界でこういうのに詳しくなればなるほど、思い知らされる」(堤大介の宮崎駿評)

 堤大介「物凄く時間を費やして頂いたようで、(宮崎駿)監督が怒るのも無理もない、という皆さんの意見があったので、ちょっと救われましたね。確かにそうですね、これだけ描いたら…ねえ、仕事で忙しいときにやらせやがって、って思っちゃいますよね。素晴らしいですね。誰がみても文句言えない最終ページです」


スケッチトラベル」最終ページ、宮崎駿の絵。(フランス版『スケッチトラベル』

宮崎駿ら著名アーティスト71名参加の企画「スケッチトラベル」

 
line

『ブルーベルベット』ドイツ盤Blu-ray

(2011年11月13日、11月15日~11月18日のツイート)

 『ブルーベルベット』ドイツ盤Blu-ray。Amazon.frで以前仕入れたフランス盤『イリュージョニスト』のBDが再生できないという失敗から、またはしゃいで恥をかかないようにツイートするのに慎重になっていたけど、今回は我が家のPS3(BD・DVD再生専用機)で無事に再生できた。よかった。

 劇場公開版『ブルーベルベット』は、「製作側との契約で4時間のオリジナル版が2時間に短縮された」(『ブルーベルベット』DVDの特典映像「未公開シーン(スチールによる再現)」より)。失われたと思われていた未公開映像が約50分ぶん発見されたことは僥倖で嬉しいけど、やっぱり欲は出るものであと70分のも観たい。

デヴィッド・リンチ監督のカルト映画「ブルーベルベット」25周年で豪華企画続々
『ブルーベルベット』メイキング・ドキュメンタリー "No Frank in Lumberton"
ブルーベルベット・ツアー

 『ブルーベルベット』Blu-ray映像特典「未公開シーン集」。リンチが"出来過ぎたシーン"と称して削ったフランクたちが酒場に入ってくる場面もちゃんと収録されている。ジェフリーの大学時代(彼女がいる!)から退学する経緯のシーンもあって(別れる経緯も)、映画では希薄な印象だった家族関係の場面も多い。

 映画では空気だったサンディの恋人・マイクの登場シーンも多くて、もしカットされていなかったらさほど空気ではなかったのに(笑)。ドロシーの舞台が始まる前の犬がひたすら餌を食べている”だけ”というショーや「シロアリが家にいる」とボケてるジェフリーの伯母さんが言うシーンはとてもリンチ的だった。

 ジェフリーの覗き見趣味が大学時代からあったり、自室の窓のブラインドの隙間から外を意味あり気に見つめるカットなど、映画の展開を知っていると、それが後々の布石になっているのだなとわかる。しかし、劇場版ではそういうシーンは削られている。もともとは4時間の映画だったものを2時間に編集したわけで、説明的などちらかというと枝葉末節のシーンは消える運命だった。

 他の説明的なシーンの例を挙げると、映画冒頭のジェフリーの父親が庭で倒れる場面でなぜか赤ちゃんがヨチヨチ歩きで入ってくるのだけど、隣家にその赤ん坊の母親がいることが未公開シーンではわかる。耳が落ちていた野原で青いベルベット(フランクのお守り)が発見されることも劇場版ではカットされている。このようなシーンがなくなったことで、結果的に『ブルーベルベット』世界の不可思議さが増したともいえるかもしれない。
 

 「スチールによる再現」(上のYouTube動画)にある、「病院」(1:26~)「フランクの贈り物」(3:10~)「エピローグ」(9:40~)の欠番シーンは残念ながら「未公開シーン集」にはないが、逆をいえばそれ以外のシーンはすべて「未公開シーン集」に収録されていた。

 「スチールによる再現」にないシーンも「未公開シーン集」には存在していた。それに「シーン集」自体が削られた2時間のうちの半分にも満たないわけだから、オリジナル版『ブルーベルベット』の全貌はまだまだわからないし、それは謎として残っている。

 この記事(Lost"Blue Velvet"Scenes On Blu-ray|News|Dark Horizons)をよく読むと、発見されたものの全部が「未公開シーン集」に収録されているわけではないようで(もしかして削除シーンすべて見つかっている?)、オリジナル版の『ブルーベルベット』4時間ver.を観ることも実は夢ではないかもしれない。期待。

 たとえオリジナル版が、劇場版よりミステリアスさが欠けていたり、冗長であったり、映画としての完成度が低くても、観たいのである。ファンとしては。監督のリンチの立場からしたら、それを明らかにするのは嫌かもしれないけど。

 『ブルーベルベット』日本盤Blu-rayは2012年2月3日発売予定。


line

『油絵茶屋再現』

(2011年11月5日~11月6日のツイート)

GTS|藝大・台東・墨田観光アートプロジェクト-油絵茶屋再現:アートサイトクルージング-


 『日本駄右衛門』再現画工:高橋涼太(上)元絵の引札(下)。格好いい。解説によると、日本駄右衛門の人物設定は石川五右衛門そのものであるので、その設定を重視して五十日カツラを装着させたとのこと。展示面白かった。

青砥稿花紅彩画 -Wikipedia-


line

フランス版『スケッチトラベル』

(2011年10月25日~10月26日のツイート)

 Amazon.fr から、スケッチトラベルが届いた。発売から3週間、送料込みで約4500円。

 絵の合間やオリジナルでは空白だったページにアーティスト情報(絵を描いた日付など)。期待していた飛び出す絵本のような仕掛けや切抜きは購入した普通版にはなかったが(デラックス版にはあるそうだ)、作風の異なる一流の作家たちが描いた絵をページを繰るたびに楽しめる贅沢に満足。

 収録されている宮崎駿の絵を実際に目の前で、大判の本を拡げて観ると、見開き2ページに渡る飛行機の迫力に圧倒された。これがアニメーションで動くと想像するだけでわくわくしてくる。無人だと思っていた機体に人が乗っているのを確認(カプロニー伯爵らしき姿も)。もちろん全員人間の姿をしていた。


宮崎駿(「ほぼ日刊イトイ新聞-THE SKETCHTRAVEL-2011-10-19-WED」より)

宮崎駿ら著名アーティスト71名参加の企画「スケッチトラベル」
line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月28日発売
line
【文庫】4月6日発売
line
【文庫】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月17日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【文庫】6月17日発売
line
【DVD】6月23日発売
line
【PS4】7月29日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line