『中国アニメショー』&中国産アニメ『カンフー料理娘』

(2011年10月24日~10月25日のツイート)

 六本木ヒルズで「中国アニメショー」なる展示をやっているのを目にして、『黒澤 その道』上映までの時間つぶしにこれを観てきたが、その主催が中華人民共和国文化部(日本でいう文化庁?)と中国の大使館ということもあり、なかなかすごかった(笑)。


 「中国アニメショー」展示会場(撮影可)。中国の広告会社に展示デザインを発注したそうだけど、会期が4日間と短いせいかどこか手抜きのような…。広い展示スペースと六本木という場所を持て余してる感があって全体的にもっさりしている印象を受けた。

 中国の放送局では外国産のアニメの放送比率は何割までと制限されたりしているので、中国で生産されている自国アニメの数自体は日本人が想像しているより結構多いと思う。ただその内容は展示されているのをみても、子供向けのがほとんどで歴史モノや動物モノばかり。それにアニメといってもほとんどのキャラクターはCGで描かれていた。


 と展示を眺めてて不満はあったけれど、そのなかにこれ意外と面白いじゃないか!と思った中国アニメもあったので紹介。タイトルは失念したが、水墨画風アニメ。キャラのCG臭さをもっとうまく調和させることができれば中国アニメ独自の表現になるかもしれないと思った。


 『敦煌』。CGの仏様たちが乱舞する中国アニメ(笑)。とにかく衝撃でした。


 『カンフー料理娘』。腹がへった旅人?に自分の店の料理を食べさせようと娘たちがバトルする中国アニメ。背景やキャラのデザインがよくて、アクションも動く動く。色の塗りが線からはみでてるのが、かえっていい味だしてる。中国のアニメだけど気に入った!この作品を知ることができたのが、「中国アニメショー」でいちばんの収穫。


 中国アニメ『カンフー料理娘』


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

紫の豚

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】1月18日発売
line
【絵本】2月13日発売
line
【画コンテ集】2月20日発売
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月29日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line