宮崎駿&丹羽圭子『脚本 コクリコ坂から』  脚本ができるまでの記録

(2011年6月10日のツイート)
 神保町で『脚本 コクリコ坂から』を買ってきた(『熱風』6月号も、もらってきた)。



 『脚本 コクリコ坂から』について。巻頭には、宮崎駿によるイメージボードや美術設定画が掲載されており、映画の舞台となったコクリコ荘や海が見える坂、沿岸部の風景、店の設定等が描かれていた。その他に、シナリオミーティング時の宮崎駿が、壁に敷き詰めて貼ってあるびっしり文字が書き込まれた紙を(おそらく)木の枝で指している写真もあった。

 目次は次のとおり。企画のための覚書「コクリコ坂から」について「港の見える丘」/企画 宮崎駿(P.5~)。登場人物紹介(P.13~)。脚本 コクリコ坂から/宮崎駿・丹羽圭子(P.17~)。天才の思考過程―「脚本 コクリコ坂から」ができるまで/丹羽圭子(P.127~)。『コクリコ坂から』(高橋千鶴・作)/ぼくの少女マンガ体験/宮崎駿(P.149~)。『コクリコ坂から』映画化にあたって/佐山哲郎(P.165~)。映画スタッフ・キャスト(P.171~)。

 “企画のための覚書「コクリコ坂から」について「港の見える丘」”は『コクリコ坂から』の公式サイト、“『コクリコ坂から』(高橋千鶴・作)/ぼくの少女マンガ体験”は宮崎駿の著書『出発点』からの再録である。

 脚本は映画を観るまでは読まないと決めたので読んでないが、脚本以外で特に読み応えがあったのは、丹羽圭子の“天才の思考過程―「脚本 コクリコ坂から」ができるまで”だった。この文章は『コクリコ坂から』の脚本ができるまでの過程を綴っており、シナリオ制作のドキュメンタリーになっている。ただ、多少のネタバレが当然含まれるため、注意が必要。

 映画本編のネタバレがない範囲での、『脚本 コクリコ坂から』の私的覚書。シナリオミーティングのメンバーは、宮崎駿、鈴木敏夫、伊平容子、丹羽圭子の四人。「借りぐらしのアリエッティ」のシナリオ制作の時も同様のメンバーだった。「コクリコ荘が建つのは、丘の上、神奈川近代文学館があるあたり」。故・徳間康快氏がモデルのキャラがいること。以上。


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】10月18日発売
line
【単行本】10月20日発売
line
【コミック】11月2日発売
line
【文庫】11月9日発売
line
【新書】11月16日発売
line
【単行本】11月21日発売
line
【ムック】11月25日発売
line
【DVD】11月29日発売
line
【単行本】12月22日発売
line
【単行本】12月27日発売
line
【単行本】12月28日発売
line
【単行本】1月18日発売
line
【Blu-ray】1月24日発売
line
【Blu-ray】2月2日発売
line
【コミック】2月2日発売
line
【文庫】2月9日発売
line
【新書】2月17日発売
line
【絵本】3月16日発売
line
【コミック】7月10日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line