傑作短編アニメーション『Father and Daughter』(邦題「岸辺のふたり」)の監督マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット初めての長編映画の製作にスタジオジブリが参加

(2012年5月17日のツイート)
Michael Dudok De Wit Is Directing A Feature Co-Produced By Studio Ghibli | Cartoon Brew

 米国アカデミー賞短編アニメーション部門(2001年)を『Father and Daughter』(邦題「岸辺のふたり」)で受賞したオランダのアニメーション作家マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが自身初となる長編映画『The Red Turtle』の制作に取り掛かっているそうです。

 その製作出資会社としてフランスの映画会社「Why Not Productions」と「Wild Bunch」と共に、なんと日本のアニメーション会社であるスタジオジブリが名を連ねています。配給ならともかく、スタジオジブリが海外の長編アニメーション作品の製作に参加するのはとても珍しいことなのですが、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー第一回提供作品として『春のめざめ』と2本立てで『岸辺のふたり』を日本で劇場公開(配給)したことや、高畑勲・宮崎駿が二人ともその作品を高く評価していることが、今回のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の新作長編映画への製作出資につながっているのかもしれませんね。

 海外サイトによると、新作『The Red Turtle』の公開は2014年らしいのですが、日本で公開するときは三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーの枠で配給をするのでしょうか。なにはともあれ楽しみです。

■魔術師の種明かし 三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー提供作品 シルヴァン・ショメ監督『イリュージョニスト』
YouTube - スタジオジブリ広報部長・西岡純一のアリエッティ日記 #009 ワイルドバンチとは?
映画『春のめざめ』公式サイト - 高畑監督特別寄稿「素晴らしい二作品」


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】1月18日発売
line
【絵本】2月13日発売
line
【画コンテ集】2月20日発売
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月29日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line