スケールアヴィエーション2012年9月号 特集「宮崎駿 雑想ノートの世界」

(2012年6月19日、8月11日のツイート)
054250087.jpg
スケールアヴィエーション2012年9月号 Vol.87(2012年8月11日(土)発売)

MODELKASTEN - 雑誌・別冊 - 隔月刊スケールアヴィエーション2012年9月号
【特集】宮崎 駿 雑想ノートの世界
World of Hayao Miyazaki's Daydream note

28年前、『月刊モデルグラフィックス』誌の創刊号にて、奇妙な連載が始まった。
実在する航空機、ユンカースG.38をモチーフに据えながら、
架空の小国の空軍に関する蘊蓄が美麗なイラストと共に語られたそれが、
「宮崎 駿の雑想ノート」の初回である。虚実入り交じる妄想と膨大な知識で
陸海空問わず繰り広げられる"雑想"の数々は回を重ねるごとに形を変え、
劇場映画『紅の豚』までも生み出すに至った。
今号ではこれら宮崎氏が妄想した航空機を模型で辿り、
その想像力の一端に触れることとする

008 『雑想ノート』それは宮崎 駿の妄想を具現化するためのツールである
   文/吉祥寺怪人
026 宮崎 駿 雑想ノート放談1992
   編集/吉祥寺怪人


「『妄想ノート』から10年、その間の『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』によって宮崎の映画監督としての名声はもはや国民的・世界的なものとして刻まれた。趣味であった『雑想ノート』の領域は創作の躍動と融合し、妄想と渾然一体となってゆく──。『風立ちぬ』(『モデルグラフィックス』2009~2010年連載)はその結晶と言える異色の作である」(スケールアヴィエーション2012年9月号より)

■若者たちへの応援歌 宮崎駿『風立ちぬ』
『山口智子×鈴木敏夫“話をする二人”』の内容&宮崎駿の次回作についての考察
宮崎駿の次回作は飛行機の設計技師・堀越二郎の生涯を描いた『風立ちぬ』か!?
映画『紅の豚』の飛行艇と水上機のモデル -シュナイダー・トロフィー・レース-
アルカス大橋さんの挑戦 宮崎駿『風立ちぬ』映画化記念企画「カプロニ伯爵のデッカイ飛行機ラジコン化プロジェクト」
宮崎駿・スタジオジブリ関係者が見学 MRC春の飛行会(2012年4月1日)
■宮崎駿『風立ちぬ』試論1.0


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月28日発売
line
【文庫】4月6日発売
line
【文庫】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月17日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【文庫】6月17日発売
line
【DVD】6月23日発売
line
【PS4】7月29日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line