日本を旅したスケッチトラベル 講演会まとめ

(2012年8月25日、9月14日、21日、24日、12月10日、18日、2013年3月8日、4月20日、6月17日、24日、27日、29日、7月1日、5日、23日、11月13日、2014年5月27日、6月3日、4日、20日、7月6日、15日のツイート)
宮崎駿ら著名アーティスト71名参加の企画「スケッチトラベル」
フランス版『スケッチトラベル』
ノンフィクションW 『スケッチトラベル~「トイ・ストーリー3」を作った男が生んだもう一つのストーリー』
堤大介制作のショートムービー『Seraching For Carlos Nine』

Sketchtravel Museum Project by Sketchtravel -Kickstarter-

『Journey through SKETCHTRAVEL』
スケッチトラベル展@米国サンフランシスコ・カトゥーンアート美術館
会期:2012年9月22日(土)-2013年2月3日(日)

旅するスケッチブック 世界の絵本作家ら71人巡り作品
NEW PEOPLE TRAVEL - TRAVELER 03 DICE TSUTSUMI
スペシャル座談会 堤大介 寺田克也 上杉忠弘 丹地陽子

sk01.jpg
スケッチトラベル展@京都国際マンガミュージアム
会期:2013年3月7日(木)-6月16日(日)
みんなで絵本を作ろう! スケッチトラベル展:ワークショップ


『寺田克也×上杉忠弘×堤大介「スケッチトラベル」を語る』
日時:2013年4月20日(土)14:00-16:00
場所:京都国際マンガミュージアム 1階 多目的映像ホール


スケッチトラベル展@渋谷ヒカリエ
会期:2013年6月26日(水)-7月7日(日)
ヒカリエでスケッチトラベル展開催 - 世界中のアーティストが繋いだスケッチブックがアフリカの子供を救う
ほぼ日刊イトイ新聞 - THE SKETCHTRAVEL それって結局、何だったんだろう?篇

【ピクサー訪問記『モンスターズ・ユニバーシティ』編】第2限:ピクサー社員のオフィスに潜入! - シネマトゥデイ


(左)画:丹地陽子 (右)画:ジェームス・ジーン
スケッチトラベル展「物語をはじめよう」ワークショップ

sk03a.jpg
「スケッチトラベル、その後:堤大介が旅したカンボジアとスリランカ」
講演:小林志乃 (スケッチトラベル展プロデューサー)
日時:2013年6月28日(金)19:00-20:00
場所:Apple Store,Ginza 3F シアター

スケッチトラベル講演会@銀座アップルストア。スケッチトラベル展プロデューサーの小林志乃氏と展示プロジェクトマネージャーの野口寛樹氏が登壇。2日前に届いたばかりで字幕も付いていない約25分の「堤大介が旅したカンボジアとスリランカ」ドキュメンタリー映像を初上映。

2011年10月17日ベルギー・ブリュッセルのオークションで競売にかけられたスケッチトラベル原本の落札者はナイキ社長のマーク・G・パーカー氏。寺田克也の大ファンで、寺田作品の超有名コレクターとしても知られている。

ブリュッセルはヨーロッパマンガ(BD)のメッカ。オークション会場をパリでなくブリュッセルに選んだのは、ここならより高い値段で売れるのではという目論見から。

スケッチトラベル複製本は世界中で3万部売れた。ところが、当事者たちが知らない間に中国で勝手に出版されていたという珍事も起こる。(※2014年、正規版スケッチトラベルが中国でも出版

渋谷ヒカリエの展示会を最後にして、スケッチトラベル展示作品(額装付高品質複製画)を売却することに決めたのは、日本から米国に持って帰る輸送費が大変かかることが理由の一つ。展示作品のネット販売開始から3時間で早くも、アフリカに図書室をつくる目標金額に達した。宮崎駿作品のみ販売しないのは堤大介の希望によるもので、宮崎駿本人にプレゼントするため。

sk04.jpg
「堤大介講演会@渋谷ヒカリエ」
日時:2013年6月29日(土)14:30-16:00
場所:Shibuya Hikarie 8F クリエイティブスペース 8/

日本語で講演する機会はほとんどない。
スケッチトラベルは渋谷ヒカリエの展示で一段落。
野球少年だった頃、清原選手が好きで西武ファンだった。
強いところは嫌いで、巨人も嫌いだった。
入る前はピクサーなにくそと思っていた。

「世界を変える」
絵をやる前から、高校生のときから言っていた。
父は正義感の強いジャーナリストでその影響もあったかもしれない。
左寄りだった学校にいたときにある人にいわれた。
誰も世界を変えることはできない。
もやもやしていた。
では、変わっていくものとはなんだ。
全てのものは必ず変化している。
僕らは舟に乗ってその中を浮かんでいるようなもの。
舟には2種類あって、それは闇に向かう舟と光に向かう舟。
どちらに乗るかのチョイスだけがある。
闇に向かう舟は巨大で快適。波は穏やかで楽チン。
光に向かう舟は小さく狭い。逆流をいかなければならない。
スケッチトラベルはそんな(光に向かう)舟の片隅に乗らせてもらった。
最近はそのように素直に喜べるようになった。

宮崎駿監督に怒られたシーンはWOWOWのドキュメンタリーではカットされている。
愛のムチ。こんなもんやるもんじゃない!15分間続いた。
なぜ怒ったかは、ジブリ関係者の方でも解釈が分かれる。
「おめでとう!これで君も仲間入りだ!」という人も。
鈴木敏夫プロデューサーが言うには、スケッチトラベルを渡された3日間、
その途中で何を描こうかとあせっていたそうだ。
僕は(なぜ宮崎監督が怒ったか)いまだにわかっていない。
いま監督に訊いてもたぶん怒ったことを憶えていないのではないか。
具体的にはそのとき、マジメに働け、といわれた。
アニメーション業界で働く端くれなら、(スケッチトラベルなんかやらずに)
もっとアニメをやれよ、と言いたかったのかもしれない。

長期休暇を使って短編アニメーション(『The Dam Keeper』)をつくっていたが
(まだ完成していない)、明後日からピクサーに復帰する。
リー・アンクリッチ監督のメキシコを舞台にした作品のアートディレクターとして参加する。
それは2016年公開予定。ピクサーの作品は1本制作に3~4年かかる。

モンスターズ・ユニバーシティ』はチームワークがピクサー史上もっともうまくいった。
米国のアニメーション業界のなかで、ピクサーはいちばん給料を払わない会社。
お金が欲しい人は行かない方がいい。
僕がピクサーに来たときは、『WALL・E』をつくっていた。
なにか創造の秘密があると思っていたが、
来てわかったのは何も秘密がないということだった。
ピクサーも黄金期が過ぎて、
まあまあな作品を出すようになってきたのではないかと思う。
『WALL・E』『Up(カールじいさんの空飛ぶ家)』は、
制作の最後までストーリーがぐちゃぐちゃだった。

『The Dam Keeper』は完成したら、まず世界中の映画祭に出す。
最終的には、誰でも観れるような形にしていきたい。


『「スケッチトラベル」という物語の舞台裏』
日時:2013年6月30日(日)14:30-16:00
場所:Shibuya Hikarie 8F クリエイティブスペース 8/
講演:小林志乃(スケッチトラベル展 プロデューサー)
    松丸佳穂(ルーム・トゥ・リード・ジャパン 事務局代表)
シブヤ大学 - 『「スケッチトラベル」という物語の舞台裏』レポート
以下は、小林志乃(ゆきの)氏の発言。

「トトロフォレストプロジェクト」のときはプロジェクト立ち上げから関わる。
委員会メンバーのロニー・デル・カルメンとエンリコ・カサローサは
ピクサーで偉い人だったので、実務は堤さんと私でおこなった。
NHKにドキュメンタリーを撮ってもらいたいという野望があって、
企画を出したが実現はしなかった。

スケッチトラベルはチャリティーを考える際に、動物・環境・女性問題と
いろいろと案があったが、世界何ヶ国にもまたがる問題として共感できる
子どもの教育問題に焦点をあてることにした。

堤さんが宮崎駿監督にスケッチトラベルを頼みに行くとき、WOWOWクルーと
フランスのドキュメンタリークルーを連れていった。堤さんはしたたかな策略家で、
宮崎・高畑が尊敬するフレデリック・バックのページの後なら、
宮崎監督は断れないだろう、という魂胆があった。

宮崎監督に繋げることができたのは
スタジオジブリの星野康二社長と鈴木敏夫プロデューサーの力。
行きつけのそば屋でご馳走になり、鴨南そばを頂いた。

鈴木さんが言うには、宮崎監督は、AというとB、BというとA、と答える人。
「サラサラとちょっと描いたらいいんじゃないですかね」
と鈴木さんが宮崎監督を説得すると、
「フレデリック・バックがこんな絵を描いたあとにサラサラとはできない」と応じてくれた。

堤さんがスケッチトラベルを取りに行ったとき、宮崎監督にこっぴどく怒られた。
渡しに行ったときには上機嫌だったのに、理由はさっぱりわからない。
受け取りの際には、宮崎監督に「堤くん一人で来てくれたまえ」といわれていたので、
TBSのプロデューサーは堤さんが出てくるのを外で待っていた。
(WOWOWスケッチトラベルドキュメンタリー:制作協力TBS-V)
出て来てからすぐのインタビュー存在するが番組ではカットになった。
「ゆきのさん…、素晴らしいのを描いてもらいました…」と堤さんは言っていたが、
こんな暗~い堤さんは今まで観たことがなかった。
鈴木さんに「君もようやくファミリーだね」といわれ、
星野さんには慰めていただいた。
この話を皆にしたら、15分間怒られて1枚描いて貰えるのなら、
俺だったら30分怒られて2枚描いてもらうよ、と寺田克也さんが言っていた。

これは私の説ですが、スケッチトラベルのすごい絵を観たあとでは、
世界の宮崎といえど、絵を描くのが怖かったのではないか。
こう考えて、宮崎監督に共感した。
最も得意とする絵でも怖いんだと。
絵を描き終わって、ホッとしたのではないか。
それで諸々のものが現れてきて、怒りにつながったのではないか。

スケッチトラベル原本のオークションで7万ユーロいきますと予測した。
1人1000ユーロ、71人の方に描いてもらったから7万ユーロと計算。
トトロのオークションのときも予想して当てている。

(2012年)11月の終わり頃に、PR効果抜群だった
ほぼ日に連絡してまた連載してもらえることになった。
その記事は京都国際マンガミュージアムの展示に合わせて、
(2013年)3月に掲載予定だったが、堤さんの原稿ができなくて
4月締切に変更になったが、それでも書けない。
この前の月曜(6/24)、飛行機で日本に来たけれど
「書き直したい」と言い出した。
原稿は水曜(6/26)に出来て、木曜(6/27)、金曜(6/28)に記事が出た。
堤さんはスリランカ・カンボジアであったことを消化するのに時間がかかった。

スケッチトラベルは渋谷ヒカリエでフィナーレを迎える。
本当に人と人をつなげるプロジェクトだった。
心苦しかったのは4月の後半、お金がかかることで気を病んでいた。
渋谷ヒカリエが会場を無償で貸してくれることになり、
フィアットが200万円出してくれたことはたいへん有難かった。
スケッチトラベルの展覧会を日本でやりたかったのは、
本を出すだけだと、本当に知らない人は知らないままだから。
こういう機会を持つことができて、本当によかったと思う。

スケッチトラベルの絵70点すべて完売しました!
スケッチトラベル会計報告
FIAT CULTURE MAGAZINE - スケッチトラベル展を終えて

2014年7月11日(金)、堤大介は7年間勤めたピクサーアニメーションスタジオを退社。
Facebook個人Webサイトで報告)


YouTube-"The Dam Keeper: Official Trailer (Japanese subtitles)"


YouTube-"Making The Dam Keeper: The Life of a Shot"

ピクサーの日本人スタッフ・堤大介が初監督に挑戦!新たな一歩に手応え - シネマトゥデイ

「トイ・ストーリー3」アートディレクターが監督を務める手描きアニメーションに全世界が喝采!「ダム・キーパー」堤大介監督インタビュー – TOKYO ANIME NEWS
mb! by Mercedes-Benz » Dice Tsutsumi Interview

立正大学講演会「鈴木敏夫プロデューサーに聞く~3.11後のジブリアニメの予感~」
【Pixar『La Luna』監督】エンリコ・カサローサ【筋金入りの宮崎駿ファン】
『ファンの作ったディズニーアニメーションまとめがスゴい!』&『ピクサー25年の軌跡』

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】10月18日発売
line
【単行本】10月20日発売
line
【コミック】11月2日発売
line
【文庫】11月9日発売
line
【新書】11月16日発売
line
【単行本】11月21日発売
line
【ムック】11月25日発売
line
【DVD】11月29日発売
line
【単行本】12月22日発売
line
【単行本】12月27日発売
line
【単行本】12月28日発売
line
【単行本】1月18日発売
line
【Blu-ray】1月24日発売
line
【Blu-ray】2月2日発売
line
【コミック】2月2日発売
line
【文庫】2月9日発売
line
【新書】2月17日発売
line
【絵本】3月16日発売
line
【コミック】7月10日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line