日本テレビ奥田誠治プロデューサー明治大学中野キャンパス特別講義レポート

(2014年12月13日、2015年1月10日のツイート)

「テレビと映画をつなぐプロデューサー論 宮崎駿、細田守、山崎貴と映画をつくった男」
講師:奥田誠治、司会:氷川竜介@明治大学中野キャンパスに参加してきました。
いつものように、気になったところだけ備忘録としてツイートします。
記憶違い等あるかもしれませんがご容赦を。

宮崎・高畑のあとを追う次世代の監督として、
奥田誠治作成のパワーポイントスライドに記載。
庵野秀明、細田守、神山健治の3人。
(日テレが「ポスト宮崎駿」として期待するアニメ監督たち?)

監督を支えるプロデューサーとして、
奥田誠治作成のパワーポイントスライドに記載。
轟木一騎P(庵野監督)。
齋藤優一郎P(細田監督)。
櫻井圭記P(神山監督)。
西村義明P(米林監督)。
※米林宏昌監督は前記スライドに記載されず

3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』の成功を受けて(?)、
2016年夏休み公開予定の3DCGアニメを開発中。
監督などスタッフ名の言及なし。
そのパイロット版を収録したDVDを持ってきたが、
見せられない(なぜ持ってきた?)。
筆者は神山健治の新作か?と思ったが、よくわからない
【追記.3DCG映画『ルドルフとイッパイアッテナ』2016年8月6日公開】

金曜ロードSHOW!の視聴率は13%前後で合格。(奥田誠治)

『紅の豚』ではジブリはフジテレビと組むつもりだった(奥田が説得して阻止)。
今回は13~15%ぐらいの出資比率になるかな?と思っていたら、
既に映画の出資比率は徳間51%とJAL49%に決まっていて、
日テレの分はJALから取ってこいと鈴木Pに言われる。
交渉して日テレ24%JAL24%まで持っていき、残りの1%はJALに。
(【参考】日テレの出資比率:「魔女宅」13.4%、「おもひで」約20%)

『千と千尋の神隠し』は、奥田家がモデル。
千尋は、奥田誠治の娘(千晶さん)がモデル。
お父さんは、奥田誠治がモデル。
お母さんも奥田誠治の奥さんがモデルということになっているが、
映画制作までに宮崎駿は彼女と1度しか会っていないため顔を憶えておらず、
顔はスタジオジブリ出版部の田居因がモデルとなっている。

奥田家は劇場版「名探偵コナン」を毎年観に行っていた。
そこで『千と千尋の神隠し』の5分の予告を見て、
奥さんが怒った。千晶そのまんまだったから。

ジブリ美術館で開催された
関係者向けチャリティー・オークションのときに撮った
当時の千晶さんの写真。(千尋にかなり似ている)
ジョン・ラセターも一緒に写っている。

『風立ちぬ』でカストルプ役の声優を務めた
スタジオジブリ海外事業部
スティーブン・アルパートさんの送別会。
吉祥寺のレストラン「Le Bon Vivant(ル・ボン・ヴィボン)」で開催。
安くて美味い。(奥田誠治)

日テレの映画事業。2013年は赤字。
『かぐや姫の物語』のせいですか?」(氷川竜介)

宮崎駿が元気。20年前、オーストリアで登山。
奥田誠治と競争して、山を走って降りる。
宮崎駿は負けず嫌いだから、ジャンプしてショートカット。
この前、ヨセミテ国立公園に行ったとき、掴みどころがない10mある岩をよじ登る。
奥田誠治も負けじと岩をひとつ登ると、宮崎駿はふたつ登る。

(アカデミー名誉賞で渡米して?)泊まったとき、
宮崎駿が眠れず、奥田誠治と鈴木敏夫を起こして、
2人を相手に深夜1時から早朝4時まで企画についてしゃべりまくる。
昔と変わってない。(レポートおわり)

宮崎駿監督、アカデミー名誉賞受賞
「宮崎駿、スタジオカラーを訪問」&「題字:ハヤオ 日本アニメ(ーター)見本市」
【THE NEXT GENERATION パトレイバー】押井守×鈴木敏夫トークイベント備忘録+α
【構成・編集:庵野秀明】第27回東京国際映画祭 特集上映「庵野秀明の世界」紹介映像
【スタジオジブリの教養】鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊+α
【宮崎駿のファンタジー回帰】三鷹の森ジブリ美術館企画展示「クルミわり人形とネズミの王さま展~メルヘンのたからもの~」
宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』【Blu-ray】
『キリク 男と女』3D特別上映&ミッシェル・オスロ×高畑勲トークイベント
高畑勲講演会レポート「映画を作りながら考えたこと」第41回小金井母親大会@東京学芸大学
三鷹の森アニメフェスタ2015 米林宏昌監督講演会レポート
『風立ちぬ』【補遺】資料室
まだ風は吹いているか 長篇引退作品 宮崎駿監督『風立ちぬ』
日本を旅したスケッチトラベル 講演会まとめ
『伏 鉄砲娘の捕物帳』公開記念イベント「宮地昌幸監督×米林宏昌 トークショー」
立正大学講演会「鈴木敏夫プロデューサーに聞く~3.11後のジブリアニメの予感~」
三鷹の森アニメフェスタ2012 宮崎吾朗監督講演会レポート
『山口智子×鈴木敏夫“話をする二人”』の内容&宮崎駿の次回作についての考察
『シャーロット姫』と『崖の上のポニョ』


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】10月18日発売
line
【単行本】10月20日発売
line
【コミック】11月2日発売
line
【文庫】11月9日発売
line
【新書】11月16日発売
line
【単行本】11月21日発売
line
【ムック】11月25日発売
line
【DVD】11月29日発売
line
【単行本】12月22日発売
line
【単行本】12月27日発売
line
【単行本】12月28日発売
line
【単行本】1月18日発売
line
【Blu-ray】1月24日発売
line
【Blu-ray】2月2日発売
line
【コミック】2月2日発売
line
【文庫】2月9日発売
line
【新書】2月17日発売
line
【絵本】3月16日発売
line
【コミック】7月10日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line