【岩波文庫】『文語訳 旧約聖書 III 諸書』“伝道之書”「力を尽くしてこれを為せ」

(2015年10月10日のツイート)

【岩波文庫】 『文語訳 旧約聖書 III 諸書』
発売日:2015年10月17日 価格:864円(税込)


【伝道之書】
ギリシャ語訳聖書において
「エクレシアステース(Ecclesiastes)」
すなわち集会で語る人、伝道者と題されたことから題名が生じた。
日本の『聖書 新共同訳』(1987)では
ヘブライ語聖書によって「コヘレトの言葉」という題名になっている。
著者はソロモンと思われるような記述もあるがソロモンではない。
「伝道者」にせよ「コヘレト」にせよ、
いずれも固有名詞ではなく広く自由な思想家のような存在とみなされる。
冒頭には、いきなり
空(くう)の空(くう)なる哉(かな)
 都(すべ)て空(くう)なり……
 日(ひ)の下(した)には
 新(あたら)しき者(もの)あらざるなり
」(1章2~9節)
という衝撃的な言葉が置かれ、以下、
生(うま)るるに時(とき)あり
 死(し)ぬるに時(とき)あり
」(3章2節)、
皆(みな)塵(ちり)より出(い)で
 皆(みな)塵(ちり)にかへるなり
」(同20節)、
義(ただ)しき人の義(ただしき)を
 おこなひて亡(ほろ)ぶるあり
 悪人(あしきひと)の悪(あしき)をおこなひて
 長寿(いのちながき)あり
」(7章15節)などと述べ、
汝(なんぢ)の少(わか)き日(ひ)に
 汝(なんぢ)の造主(つくりぬし)を記(おぼ)えよ
」(12章1節)と勧めている。
『文語訳 旧約聖書 III 諸書』鈴木範久「解説」


宮崎駿講演◇神奈川近代文学館にて「『方丈記私記』と私」
【「空の空なればこそ」というエッセイ】(『熱風 2008年11月号』)

どうしていいかわからない僕らに対して、
堀田(善衞)さんが最後に書いてくれた文章というのが、
亡くなった年に出された『空の空なればこそ』というエッセイ集です。
これはまた、僕の勝手な思い込みで、
僕に向かって書いてくれたことなのだと思っているのですが、
『旧約聖書』の「伝道の書」についてのエッセイ
「空の空なればこそ」
があります。
堀田さんのまったくの受け売りになりますが、
『旧約聖書』の「伝道の書」に
「ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言(ことば)」
というのがあるそうです。僕は本屋で『旧約聖書』を立ち読みしたら
載っていなかったものだから、困りまして、
「載っていないのですけど……」と堀田さんに言ったところ、
『旧約聖書』というのは別にこれだけ載せなければいけないという枠はなくて、
いろいろなものを載っけたり、載っけなかったりするものだから、
載っけていないやつもあるかもしれないと。

とにかく、その「ダビデの子、エルサレムの王である伝道者の言」の中には、

伝道者言(いは)く、空(くう)の空(くう)、
 空の空なる哉、都て空なり。日の下に人の労して
 為(なす)ところの諸(もろもろ)の動作(はたらき)は
 その身に何の益(えき)かあらん


ということが記されています。やれることは全部やった。
楽しめることは全部やった。築ける限りの財産を全部築いた。
これ以上手に入るものはない、妻も妾もいっぱい持ったと。
全部やったけれども、やっぱり空(くう)だと書いているのです。
やっていない人間がやせ我慢で空だと言うのは結構言えそうですが、
エルサレムの王が言っている。また、こういう言葉も非常にいい。

汝(なんぢ)、義(ただしき)に過(すぐ)るなかれ、
 また、賢(かしこき)に過(すぐ)るなかれ。
 汝(なんぢ)、なんぞ身を滅(ほろぼ)すべけんや


と、そんなことで身を滅ぼしてはいけないよと。
僕らの学生時代には、みんな政治的な主義主張をして、
どこかで拷問されたり、身を挺して説を曲げずに
死ななければいけないというような風潮が、どこかしらありました。
でも、僕は内心そういうのは恐ろしい、できないなあと思っていたのです。
そうしなければいけないと虚勢を張っているだけでした。
そうしたら、堀田さんが「ペンを血に浸して書くことはない」
あるエッセイで書かれていた。それはソ連の中で
反体制運動をしようとする友人に向けられた言葉で
「そんな危険なことは止めろ。日本の軍閥政治だって40年で
滅びたのだから、ソ連のこの体制もいつかは滅びる、それまで待て」
といった内容だったのです。僕は自分の臆病を棚に上げて、
そのとき、もう本当に、堀田さんに救われたような気がしたものでした。
「伝道者の言」には、また

汝(なんぢ)、悪(あしき)に過(すぐ)るなかれ、
 また愚(おろか)なる勿(なか)れ。
 汝(なんぢ)、なんぞ時いたらざるに死(しぬ)べけんや


ともあります。「汝、なんぞ時いたらざるに」
そのときではないのに死んでもいいものかということが書かれているわけです。
生きなさい。それが一番大事なことだということなのです。

人の智慧(ちゑ)は、その人の
 面(かほ)に光輝(ひかり)あらしむ。
 又その粗暴面(あらきかほ)も変改(あらたまる)べし


人の知恵は人の顔をよくする。それしか書かれていません。
正しきことがいいことなのは、つまり、
ひどい顔もよくなるという(笑)、そのぐらいのものだと言うのです。
そして最後に、どうやって生きるかという締めくくりがあるのですが、それが

汝(なんぢ)、往(ゆき)て喜悦(よろこび)もて
 汝のパンを食(くら)ひ、楽(たのし)き心をもて
 汝の酒を飲め
」なのです。

其(そ)は神久しく汝の行為(わざ)を
 嘉納(よみし)たまへばなり

日の下に汝が賜(たま)はるこの汝の
 空なる生命(いのち)の日の間(あひだ)、
 汝、その愛する妻とともに喜びて度生(くら)せ。
 汝の空なる生命(いのち)の日の間しかせよ。
 是は汝が世にありて受る分(ぶん)、
 汝が日の下に働(はたら)ける
 労苦(ろうく)によりて得る者なり。
 凡(すべ)て汝の手に堪(たふ)ることは
 力(ちから)をつくしてこれを為(な)せ。
 其(そ)は汝の往(ゆか)んところの陰府(よみ)には、
 工作(わざ)も計謀(はかりごと)も知識(ちしき)も
 智慧(ちゑ)もあることなければなり


神様がそれでいいと思っているのだよ、そうなさいと言っているのだ。
つまりいつかは消えていくのだけれども、
自分が生きている間、汝の空なる生命の日の間は、
汝の愛する妻とともに喜びて暮らせ。生きている間はそうしなさいと。
汝がこの世にありて受けるものは、
汝が日の下の働ける苦労によって得たものなのだから。

だから、自分に耐えられることは、力を尽くしてこれをしなさい
そして、この最後がいいのです。
なぜなら、お前の行く黄泉の世界には、権謀や術策もないかわりに
知恵も知識もないのだから、と締めくくっているのです。
すごいニヒリズムと言えば、ニヒリズムなのですが、
これを堀田さんは最後のエッセイの中に書いて、
そのあとがきを読むと「空の空なるに坐して」とある。
堀田さんはその境地にきているのだなと思いました。
僕もそういう境地になれたらいいなと思うと同時に、
堀田さんがそこに書き残してくれたことが、非常に助かったのでした。
乱世の羅針盤…堀田善衞を敬愛する宮崎駿のことば-鈴木敏夫のジブリ汗まみれ


【文語訳『旧約聖書』&『新約聖書』】
「(読んだ好きな本、影響を受けた本)一冊を選べと言われれば、
これはもう「旧約聖書」です。「新約聖書」でもいいのですが、
「旧約」のほうが圧倒的にお薦めです

全国のどこの本屋さんにも置いてありますし、
なんなら旅先のホテルの引き出しからギってもよろしい。
何を読んでも、体験しても、最後に帰ってくる本こそが「最後の本」であり、
その一冊を手にするかどうかが、その人の読書を決定づけます」
『押井守の「世界の半分を怒らせる」。第3号』2012年10月15日配信

「かつて吉本隆明は『マチウ書試論』において、
あの文語訳が生み出す独特の雰囲気が聖書の本質を
覆い隠しているのだ、と指摘していましたが、
僕に言わせれば、その文語訳の生み出す雰囲気こそが
聖書の本質そのものなのです
。みんなあれにシビれて
騙されたのですから。いまだにシビレっぱなしです」
『押井守の「世界の半分を怒らせる」。第11号』2013年2月15日配信

【映画制作のリアル】押井守監督『ガルム・ウォーズ』【Blu-ray豪華版】
【押井守講演メモ】「押井守の世界観を語る~創作の魅力」@東京電機大学
捏造された神話 押井守監督『天使のたまご』

【スタジオジブリの教養】鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊+α
【レポート】「トトロのふるさと基金」25周年記念イベント
【辺野古基金共同代表】宮崎駿 記者会見【日本外国特派員協会主催】
宮崎駿が描く「沖縄・球美の里」
『熱風』2011年8月号、特集「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」
『シャーロット姫』と『崖の上のポニョ』
若者たちへの応援歌 宮崎駿『風立ちぬ』


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
【単行本】
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】1月18日発売
line
【絵本】2月13日発売
line
【画コンテ集】2月20日発売
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月29日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line