『文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪』

(2011年4月25日のツイート)
 「コミケからやおいを駆逐するぞ!」
 そう旗印を揚げて、女の幻想が跋扈するコミケで、男の幻想を表現する端緒を開いたマンガ家が、吾妻ひでおだったわけか。ムック本『文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪』を読んで理解。確かに吾妻ひでおは、偉大だ。

 「やおいがなければ、ロリコンもなかった」
 先の挙げた本に所収されてる森川嘉一郎の文章「吾妻ひでおはいかにして〈おたく文化の祖〉になったか」は、当時の状況を知らない人間にとっては、とても興味深くためになった。


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
プロフィール

紫の豚

Author:紫の豚

line
最新記事
line
【Blu-ray】1月18日発売
line
【絵本】2月13日発売
line
【画コンテ集】2月20日発売
line
【単行本】2月24日発売
line
【Blu-ray】3月17日発売
line
【Blu-ray】3月22日発売
line
【単行本】3月29日発売
line
【Blu-ray】4月7日発売
line
【Blu-ray】4月19日発売
line
【BD付き画集】4月20日発売
line
【Blu-ray】5月26日発売
line
【コミック】9月26日発売
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
広告
line
最新コメント
line
Amazon
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line