TVアニメ『四畳半神話体系』について考える

(2011年1月11日~1月12日のツイート)
 今更ながらTVアニメ『四畳半神話大系』のDVD1・2巻を視聴した。湯浅政明の監督作品は好きで大体観てるのだけど、この作品は見逃していた。実写映像を素材として使う方法など、従来の湯浅演出を引継ぎながらも、意外とマトモな作品になってて驚いた。

 『四畳半神話体系』を観るとわかるが、TVアニメの潮流のポイントをしっかり押さえていて、湯浅監督作品としては珍しく人気が出たのも頷ける。長広舌は『さよなら絶望先生』だし、時間が巻き戻ってループするのは『ひぐらしのなく頃に』やハルヒの『エンドレスエイト』が私の頭に思い浮かんだ。でも、「長広舌」と「ループ物」といえば…。
 
 そう、「長広舌」といえば、若かれし日の押井守がディレクターを務めたTVアニメ『うる星やつら』のキャラのメガネ!劇場版『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は「ループ物」の元祖だ。けだし、『四畳半神話体系』は押井アニメを現代風に解釈したハイセンスな作品ではないだろうか。


line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
【Blu-ray】5月9日発売
line
【文庫】5月10日発売
line
【絵本】5月17日発売
line
【Blu-ray】5月25日発売
line
【単行本】5月29日発売
line
【DVD】6月2日発売
line
【コミック】6月4日発売
line
【資料集】6月12日発売
line
【写真集】6月12日発売
line
【DVD】7月4日発売
line
【Blu-ray】7月4日発売
line
【単行本】7月4日発売
line
【コミック】7月10日発売
line
【絵本】7月23日発売
line
【Blu-ray】7月27日発売
line
【文庫】8月3日発売
line
【単行本】8月3日発売
line
広告
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
Amazon
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line