FC2ブログ

【半藤一利×宮崎駿】漱石山房記念館開館記念イベント『漱石と日本、そして子どもたちへ』


新宿区立漱石山房記念館開館記念イベント
『漱石と日本、そして子どもたちへ』@早稲田大学大隈記念講堂大講堂
2017年10月28日(土) 開場:13:15 開演:14:00
主催:新宿区 共催:朝日新聞社・早稲田大学

【プログラム】
[共催者挨拶]
町田智子(朝日新聞社 取締役)、李成市(早稲田大学 文化推進担当理事)
[来賓者挨拶]佐原たけし(新宿区議会議長)
[漱石山房記念館名誉館長挨拶]半藤末利子(エッセイスト)
[漱石山房記念館の紹介]鈴木靖(漱石山房記念館館長)
[ビデオレター]又吉直樹(お笑いタレント・小説家)

【第1部】朗読「漱石の作品から」
俳優 竹下景子×チェロ演奏 浦井勝美
①[チェロ独奏]黛敏郎作曲『BUNRAKU』
 [朗読]『夢十夜』第一夜
②[チェロ独奏]J.S.バッハ『無伴奏チェロ組曲第1番第1曲プレリュード』
 [朗読]『硝子戸の中(うち)』第39章
③[チェロ独奏]J.S.バッハ『無伴奏チェロ組曲第3番サラバンド』
 [朗読]『草枕』第13章から(後半部分)

【第2部】対談「漱石と日本、そして子どもたちへ」
作家 半藤一利 × アニメーション映画監督 宮崎駿

【半藤一利×宮崎駿 対談レポート】
風邪で咽喉がガラガラ。
この声で大丈夫でしょうか。
どうか、ご勘弁願いたい。
宮崎駿監督とは4年前に
小さな文庫本を出している。
[文春ジブリ文庫『半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義』]
(半藤一利)

宮崎駿監督が長編を引退すると聞いて、
私より相当若いから、「もったいねぇなぁ」と。
お辞めになる、もう作らない、非常に残念に思っていた。
でも、最近、復帰なさった(笑)。
(半藤一利)

煩悩の…(苦笑)。
ちゃんとした長編を作ろうとしましたが……(※よく聴き取れず)
吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』(新作タイトル?)です。
「その本が主人公にとって大きな意味を持つという話です」。
完成するまで3~4年はかかる。少しずつ始めています。
新人養成でアニメーター11人(動画6名、背景美術5名)がジブリに入った。
男は1人だけ。他は全員女性。誰が誰だか区別がつかない(笑)。
(宮崎駿)

半藤さんの『歴史に「何を」学ぶのか』を周りの人に大宣伝している。
おすすめ。あれぐらいがちょうどいい。
(宮崎駿)

宮崎駿監督が好きな
夏目漱石の『草枕』
原作にしたアニメーションを
5分、10分くらいの短編でいいので、
漱石山房記念館のために作ってほしい。
3年経ってから(いまの新作が完成してから)でもいいですよ(笑)。
(半藤一利)

『草枕』が夏目漱石でいちばん好き。何回読んだかわからない。
昨日もゴロゴロしながら読んでいた。途中のどこから読んでもOK。
竹下さんが朗読したところもいい。
でも、アニメーションにしようと今まで考えたことはない。
(宮崎駿)

八千草薫が出演している『三四郎』のDVDを最近観た。
「東京」を何も描いていないと思った。
「明治」を再現するにはアニメーションしか不可能。
でも、(再現したとしても)お客は全然来ないんじゃないか(笑)。
(宮崎駿)

カナダの若くして亡くなったピアニスト
グレン・グールドが、20世紀の小説は
トーマス・マンの『魔の山』夏目漱石の『草枕』(英訳)
この2冊があればいいと言った。
『草枕』は、夏目漱石の仏教や漢文の素養が反映された
難しい文章なので、いまの若い人には難しいかもしれない。
だから、英訳の『草枕』を読んだ方がむしろわかりやすくていいかも。
(半藤一利)

夏目漱石の作品の全部が好きなわけじゃない。
『坊っちゃん』は好き。『草枕』と『三四郎』が限界。
『こころ』とかつらくなってくる。耐えられない。
『それから』『門』も魅力は感じるがドキドキしてつらくてダメ。
(宮崎駿)

『三四郎』を若い頃読んだときには、
「三四郎と美禰子が結ばれてくれないかな」と思っていたが、
年を取ると読み方が変わった。三四郎はなんにもなってない。ウロウロしているだけ。
(宮崎駿)

夏目漱石の作品。奥さん奪ったっていいじゃないですか。コソコソしなくてもいい。
(宮崎駿)

面白いインチキはいいんです。
(宮崎駿)

漱石は昼寝・居眠りが好き。
作品の主人公もよく寝ている。
(半藤一利)

『草枕』は俳句的小説。
漱石の俳句集(新書)を読みながら、『草枕』を読むと面白い。
(半藤一利)

『草枕』の山水画。山があって、川があって…
(画に)スッと入って、スッと出る。
(鈴木敏夫)プロデューサーがそこにいますが、
(今考えたら、アニメーション化)ありえますね。
5分くらいのフィルムになるか、半藤さんからの宿題。
(実現するかわからないので)あまり期待しないでください(笑)。
(宮崎駿)

宮崎駿監督、新作タイトルは「君たちはどう生きるか」:朝日新聞デジタル

宮崎駿監督「長編最新作」に触れた鈴木敏夫著『ジブリの文学』の「あとがき」を読む。

スタジオジブリ海外合作アニメーションはこうして生まれた。
「高畑勲×マイケル監督」初対談&「レッドタートル」資料室

【ササユリカフェ】「思い出のマーニー」TV初放映記念!米林宏昌監督からのプレゼント
【スタジオジブリ】新作ショートアニメーション2016【近藤勝也】
NHKプレマップ「終わらない人 宮崎駿」
【スタジオジブリの教養】鈴木敏夫を宮崎駿につなげた232冊+α
【宮崎駿長編映画引退作の原作漫画単行本】 『風立ちぬ 宮崎駿の妄想カムバック』
宮崎駿の戦国時代マンガ『鉄炮侍 蛭子八郎太』
連載企画の中止&無期限延期のお知らせ

宮崎駿「やらない自由」のススメ 戦国マンガ×シン・エヴァ
「宮崎駿、スタジオカラーを訪問」&「題字:ハヤオ 日本アニメ(ーター)見本市」
ジブリファンはナウシカ2の夢を見るか?
庵野秀明、新劇場版『風の谷のナウシカ』実現への道

【宮崎駿のファンタジー回帰】三鷹の森ジブリ美術館企画展示
「クルミわり人形とネズミの王さま展~メルヘンのたからもの~」

まだ風は吹いているか 長篇引退作品 宮崎駿監督『風立ちぬ』
宮崎駿の原点&バトンの継承 三鷹の森ジブリ美術館
企画展示「挿絵が僕らにくれたもの」展-通俗文化の源流-

児童文学のススメ 「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」

theme : スタジオジブリ
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
【単行本】
line
【Blu-ray】5月9日発売
line
【文庫】5月10日発売
line
【絵本】5月17日発売
line
【Blu-ray】5月25日発売
line
【単行本】5月29日発売
line
【DVD】6月2日発売
line
【コミック】6月4日発売
line
【資料集】6月12日発売
line
【写真集】6月12日発売
line
【ムック】6月29日発売
line
【DVD】7月4日発売
line
【Blu-ray】7月4日発売
line
【ムック】7月4日発売
line
【単行本】7月4日発売
line
【コミック】7月10日発売
line
【絵本】7月14日発売
line
【Blu-ray】7月27日発売
line
【文庫】8月3日発売
line
【単行本】8月3日発売
line
【単行本】8月8日発売
line
【ムック】8月23日発売
line
【ムック】8月25日発売
line
【コミック】9月4日発売
line
【単行本】9月6日発売
line
【文庫】9月14日発売
line
【コミック】9月15日発売
line
【コミック】9月28日発売
line
【コミック】10月4日発売
line
【新書】10月17日発売
line
【Blu-ray】11月21日発売
line
【文庫BOX】12月10日発売
line
【コミック】7月2日発売
line
広告
line
プロフィール

Author:紫の豚

line
最新記事
line
Amazon
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line